おすすめ コールマン ランタンスタンド 三脚

三脚タイプのランタンスタンド選びに困ってる方必見!おすすめの紹介

三脚タイプのランタンスタンドがいろいろあって選べない。

おすすめのランタンスタンドを教えて。

その疑問を解決します。

キャンプに必須のランタンを使用する際、テーブルに直接置いたり木やロープにぶら下げて使う方もいらっしゃいます。

ですが、立木などがない整備された区画サイトや舗装された場所でランタンを使いたいなら、汎用性の高いランタンスタンドを1本持っておきたいですよね。

特に三脚タイプランタンスタンドは、置く場所を選ばず平らな地面であれば設置できるので、初心者の方にも使いやすいランタンスタンドなんです。

この記事では、

三脚タイプのランタンスタンドの選び方

初心者にも使いやすい三脚タイプのランタンスタンドの特徴

おすすめの三脚タイプのランタンスタンド

について紹介します。

 

三脚タイプのランタンスタンドの選び方

まずは、三脚タイプのランタンスタンドの選び方について紹介します。

フックの数

ランタンスタンドにはシングルフックのものと、ダブルフックのものがあります。

シングルフックは、ランタン1つのみをシンプルに吊り下げたい方、コンパクト性重視する方におすすめです。

ダブルフックは、燃料系のランタンとLEDランタンを吊り下げて使用したり、ドライネットを掛けたり、蚊取り線香を吊るしたりと幅広く利用することができて便利ですよ。

高さ、高さ調整

ランタンスタンドの高さは製品のよってさまざまあり、190cm〜240cmのものが主流です。

吊り下げたランタンに頭をぶつけない為には、220cmくらいの高さがあると良いですね。

軽量でコンパクトなタイプや安価な製品は、意外と低いものがあるので注意が必要です。

高さ調整の方法には、スクリュータイプノック式があります。

「スクリュータイプ」は、好みの高さに固定することができますが、やや耐久性が悪くトラブルが多めです。

逆に、「ノック式」は細かい調整ができませんが、耐久性が高く壊れにくいのでおすすめです。

軽量、コンパクト性

キャンプ用品なので、軽量コンパクト性重要です。

特にツーリングキャンプや小型車でキャンプをされる方には、できるだけ小さく収納できて、軽いもののほうが良いですよね。

使用時だけでなく、収納時のサイズも記載されているので確認しておきましょう

三脚の形状

三脚は足を引っ掛けたり、他のキャンプ用品と干渉してしまうという弱点があります。

例えば「コールマンのランタンスタンド4」は、三脚部分ができるだけフラットになる構造で作られていて、弱点を克服しているものもありますよ。

三脚タイプのランタンスタンドにもいろんな脚部分があるので確認してみましょう。

 

初心者にも使いやすい三脚タイプのランタンスタンドの特徴

キャンプを始めたばかりの方でも扱いやすくおすすめできるのが、「三脚タイプのランタンスタンド」です。

また、金額的にもあまり高額なものがないので初心者向きです

しっかりした造りで、足元がスッキリしたコールマンの「ランタンスタンド4」でも5千円以下で購入できるので、最初に買うのにもおすすめですよ。

そのほかにも、アルミ製のランタンスタンド軽量で取り扱いがしやすく、設置がスムーズにできるのが特徴で、初めての方やキャンプの頻度が少ない方には使用しやすいランタンスタンドになります。

ソロキャンプやバイクツーリングに携帯する際に、荷物の重量を圧迫せずに楽に持ち運ぶことができますよ。

専用の収納ケースが付属しているものだと、より持ち運びしやすくなります。ので、付属品の確認もしましょう。

収納時のサイズが30cm程度ならリュックに入れて持ち運ぶことも可能ですが、100cmを超えものだと小型車に積みづらい場合があるので、収納時のサイズも確認しておきましょう

 

おすすめの三脚タイプのランタンスタンド

おすすめの三脚タイプのランタンスタンドを紹介します。

コールマン(Coleman)ランタンスタンド4

引用元:Amazon

アメリカで生まれた人気メーカーのコールマンは、さまざまな製品を展開しており、アウトドアに興味がない方にも広く知られています。

三脚タイプのランタンスタンドの欠点とされる脚の部分がフラットな構造になっていて、つまずいたり、他のキャンプ用品との干渉を防げるようになっています。

欠点のカバーだけでなく、しっかりした造りで100cm未満とコンパクトに収納できるので、持ち運びにも便利です。

10段階のスライド式高さ調節機能で用途に合わせた高さで使用できます。

初心者からベテランキャンパーまで安心して使えるおすすめのランタンスタンドです。

専用の収納ケース付きで保管や持ち運びがしやすいですよ。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ランタンアルミスタンド 

引用元:楽天市場

アルミ素材でつくられた軽量タイプのランタンスタンドです。

ポールをくるくる回すだけで高さ調整することができるので、簡単に好みの高さにすることができます。

耐荷重約2kgなので、軽いLEDランタンはもちろん、小型のガスやオイルランタンなどを吊るすことができますよ。

持ち運びしやすく簡単に設置、高さ調整ができるものが良いという方にぴったりの商品ですね。

リーズナブルな価格で購入できるので、初心者にもおすすめです。

ヴァストランド(VASTLAND)ランタンスタンド

引用元:Amazon

ネジを緩めて脚を開くだけのシンプルなアイアンレッグ設計で、女性や子どもでも簡単に設置することができるランタンスタンドです。

付属のペグを使えば更に安定感を得ることができます。

便利なダブルフックは、ランタン以外のものを同時に吊るすことができるので、食器を干すドライネットや手袋、洋服など今まで置き場に困っていたものを解決できますね。

75cmから最大215cmまでの4段階高さ調節が可能なので、使い方の幅が広がります。

ロゴス(LOGOS)ポータブルランタンポール

引用元:楽天市場

ソロキャンプにおすすめのコンパクトなランタンスタンドです。

ネジ式簡単組み立て構造でパーツが分解できるので、収納時サイズは約31cmと片手で持ち運べるほどコンパクトになります。

持ち運びやすく収納に役立つ専用ポーチが付属しているのも嬉しいポイントです。

中間パーツを取り外すことで、3段階高さ調節することが可能です。

総重量約300gでコンパクトに収納できるので、リュックに入れて持ち運ぶこともできますね。

ハイランダー(Hilander)ランタンスタンド

引用元:楽天市場

ダブルフックにランタンを2つ吊り下げると辺りがより明るくなり特に暗いキャンプ場や、5〜10人程度のグループキャンプで広範囲を照らしたいときにおすすめです。

スクリュー式で、118cm〜最大250cmの範囲で無段階の高さ調整をすることができます。

人数やスタイルに合わせた高さに変更することができて便利ですよね。

付属のペグでを打てばさらに安定感がアップし、ロックネジで三脚部分を固定するとよりグラつきが軽減できるので、風が強い日でも安心して使用できます。

三脚タイプのランタンスタンド選びに困ってる方必見!おすすめの紹介:まとめ

まとめ

  • 三脚タイプのランタンスタンドを選ぶポイントは、フックの数」「高さ」「軽量・コンパクト」「三脚の形状を確認しよう。
  • 三脚タイプのランタンスタンドは5千円以下でもしっかりしたものが多く、取り扱いがしやすいので初心者にもおすすめです。

三脚ランタンスタンドについて紹介しましたが、良いものはみつかりましたか。

ランタンスタンドを選ぶときは、使用する環境に適した商品を選ぶことも大切です。

特に重量や耐荷重は、転倒ケガにつながるおそれがあるので、購入前にしっかりチェックしておきましょう。

快適なキャンプを楽しむためにも、ご自身に最適なランタンスタンドを選んでみてください。

スポンサーリンク

-おすすめ, コールマン, ランタンスタンド, 三脚

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5