ガソリン ランタン 初心者

キャンプ初心者でも使える?おすすめのガソリンランタン4選!!

ガソリンランタンってどれを選べばいいの? だれか初心者でも使いやすいガソリンランタンを教えて~!

そんなお悩みを解決いたします。

季節も春となり、暖かくなってきたこの頃。キャンプに出かけられる方も増えたのではないでしょうか?

キャンプと言えば欠かせないキャンプギアが、ランタンですよね。

その中でもガソリンランタンは、キャンパーに一目置かれる存在として知られ、扱えるようになりたい方もいると思います。

ですが、ガソリンランタンにも様々な種類があり、どのガソリンランタンを選べば良いか、悩んでしまいますよね。

今回はそんなキャンプ初心者の憧れ、ガソリンランタンのおすすめ4選をご紹介いたします。

 

ガソリンランタンの特徴

そもそもガソリンランタンってどんなランタンなの?

ガソリンランタンはホワイトガソリンを主な燃料としたランタンです。

最大の特徴は、使用する際に「ポンピング」という作業が必要な点です。

ポンピングとは

ランタン本体に空気を送り、ランタン内部の気圧を上げる作業のこと。

作業しているときの感覚は、自転車の空気入れに似ています。

この作業によって、ガソリンランタンは安定した光を放つことができるのです。

ランタン本体内の燃料が少なくなってきた際も、ポンピングによって光量が落ちることなく安定します

ポンピングの作業は意外と簡単で、やってみると楽しくてはまってしまうかもしれませんよ。

我が家のキャンプでは、ポンピングが取り合いになるほどです。

ガソリンランタンの点火方法について、こちらの動画で詳しく解説していますよ。

 

ガソリンランタンのメリット・デメリット

ガソリンランタンのメリットとデメリットが知りたい。

ガソリンランタンを扱う上で知っておきたいのが、メリットとデメリットですよね。

まずはガソリンランタンのメリットについてお伝えいたします。

メリット①光量が大きい

ガソリンランタンは何といっても光量の大きさが最大の魅力

その他の燃料を使うランタンの中で、最も明るいランタンになります。

キャンプ全体を照らしてくれるので、メインランタンに最適です。

メリット②燃料効率が良い

ガソリンランタンの燃料となるホワイトガソリンは比較的安価で手に入り、燃費も良好

燃焼時間も10時間前後と長いため、燃料の補充も少なくて済み、コスパの良いランタンです。

車に使うレギュラーガソリンとか種類が違うので、間違えないように注意が必要です。

メリット③寒さに強い

ガスランタンなどは寒さに弱いのに対し、ガソリンランタンは寒い冬でも安定して使用できます

LEDランタンでは味わえない、炎ならではの暖かい光がキャンプに癒しを与えてくれます。

年中通じて安定して照らしてくれるので、キャンプだけでなく災害時にも役立つランタンですね。

続いて、ガソリンランタンのデメリットを挙げていきます。

デメリット①着火に手間がかかる

ガソリンランタンの大きなデメリットといえば、着火に手間がかかること

燃料タンクに圧力をかける「ポンピング」やマントルを一度焼き付ける「空焼き」という作業が事前に必要となります。

この作業がガソリンランタンの醍醐味とも言えるので、慣れればデメリットと感じることは無くなりますよ。

デメリット②高価なものが多い

ガソリンランタンは本体の大きさもあり、他のランタンと比べて高価なものが多いです。

ですが、一度購入すると長く使い続けることができます

長くキャンプを続けていきたいと考えている方は、是非とも思い切って購入してほしいです。

良いものを長く使い続けると、メンテナンスする楽しみが味わえますよ

 

ガソリンランタンの選び方

ガソリンランタンってどうやって選べばいいの?

ガソリンランタンを選ぶ際には、チェックしておきたい3つのポイントがあります。

  • 明るさで選ぶ
  • タンクの容量で選ぶ
  • 2種類のガソリンが使えるかどうかで選ぶ

1つずつ詳しく見ていきましょう。

明るさで選ぶ

ガソリンランタンの明るさはルーメン(lm)ワット(W)キャンドルパワー(CP)などの単位で表されます。

ルーメン(lm)=光源の明るさ

ワット(W)=電力消費量が示す明るさ

キャンドルパワー(CP)=ろうそく1本分の明るさ

ガソリンランタンを選ぶ明るさは、1,500~2,000ルーメン以上が目安です。

また、ガソリンランタンの明るさはマントルの形によっても変わります。

チューブ型=細長い形

丸型=球状の形

一般的には丸型のマントルが多く取り扱われています。

ですが、チューブ型のマントルの方が光量が大きいので、より明るさを重視される方はチューブ型のマントルがオススメですよ。

タンクの容量で選ぶ

タンクの容量はガソリンランタンの連続使用時間に影響します。

容量が大きいと、その分連続して長く使用できます

ですがタンクの容量が大きすぎると、燃料が少ないときにポンピングする回数が多くなってしまい、手間が増えます

ある程度の燃焼時間を確保する為にも、600cc以上のタンク容量を目安として選びましょう。

2種類のガソリンが使えるかどうかで選ぶ

ガソリンランタンの主な燃料はホワイトガソリンですが、レギュラーガソリンも使用できるタイプもあります。

レギュラーガソリンも使用できるガソリンを、マルチフューエルタイプと言います。

災害時にはホワイトガソリンが手に入らない可能性もあるため、マルチフューエルタイプのランタンが役立ちますよ

使用用途によって、マルチフューエルタイプも比較検討してみましょう。

 

おすすめのガソリンランタン4選

ここからはキャンプ初心者におすすめのガソリンランタンを4つご紹介いたします。

コールマン ワンマントルランタン 286A740J

[出典引用:Amazon]

2010年にロングライフデザイン賞を受賞した、コールマンのガソリンランタンです。

飽きのこないシンプルなデザインと燃費の良さから、キャンプ初心者にぴったりのランタン

まずは定番のガソリンランタンから始めたいという方にもおすすめのランタンですよ。

コールマン プレミアム デュアルフューエルランタン

[出典引用:Amazon]

レギュラーガソリンも燃料として使用することができるランタン。

サイズは小ぶりで持ち運びしやすく、マントルも2つあるので明るさも十分

キャンプなどのアウトドアシーンだけでなく、災害時の備えとして持っておきたい方におすすめです。

コールマン ノーススターチューブマントルランタン 2000-750J

[出典引用:Amazon]

一見シンプルなこちらのガソリンランタンには、電池式の自動着火装置が搭載されており、キャンプ初心者でも臆することなく使用できます。

また、チューブ型のマントルで明るさも申し分なし

着火の手間が少しでも省けるのは嬉しいポイントですね。

コールマン パワーハウスツーマントルランタン

[出典引用:Amazon]

明るくてタンクが940㏄と大容量のガソリンランタンです。

その名の通りハイパワーな光で、メインランタンとして存在感を発揮します

多くのキャンパーに愛され続けているモデルで、明るさを優先される方におすすめのランタンですよ。

キャンプ初心者でも使える?おすすめのガソリンランタン4選!!:まとめ

今回はキャンプ初心者にもおすすめのガソリンランタン4選をご紹介いたしました。

ポイント

ガソリンランタンはハイパワーな明るいランタン

着火の手間やメンテナンスも楽しみの一つになる

種類によっては、レギュラーガソリンも燃料として使える

やっぱりガソリンランタンはコールマン

使い勝手の良いLEDランタンも便利ですが、よりキャンプの気分を味わいたいのであれば、昔ながらのガソリンランタンがおすすめです。

ぜひ今回の記事を参考にして、お気に入りのガソリンランタンを見つけてください。

スポンサーリンク

-ガソリン, ランタン, 初心者

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5