ガソリン ランタン 屋内

屋内使用厳禁⁉ガソリンランタンの押さえておきたいポイント

ガソリンランタンって屋内でも使えるのかな? 誰か教えて~!

そんな疑問を解決いたします。

暗いキャンプの夜に欠かせないキャンプギアといえば、ランタンですよね。

ランタンの中でも昔から根強い人気があるのが、ガソリンランタン

ガソリンランタンのパワフルな光は、暗いキャンプ場で非常に役立ちます。

そんなガソリンランタンですが、屋内で使用する場合には注意しなければいけないポイントがあるんです

このポイントを知らずに、屋内でガソリンランタンをはじめとする可燃性ランタンを使用すると、大変危険です。

今回はソリンランタンを屋内で使用する際の注意点について、お伝えいたします。

 

知っておきたい、ランタンの種類

そもそもガソリンランタンってどんなランタンなの?

ランタンは燃料によって大きく4つに分かれ、ガソリンランタンはその1つです。

  • ガスランタン
  • 灯油ランタン
  • LEDランタン
  • ガソリンランタン

ひとつずつ見ていきましょう。

ガスランタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@shinji.f35)がシェアした投稿

OD缶(アウトドア向け製品)やCB缶(一般家庭向け製品)が燃料のランタンを指します。

LEDランタンよりも明るく、ガソリンランタンよりも着火しやすいとあって、バランスの取れたランタンと言えます。

デメリットとして、主な燃料であるOD缶が高く、コストがかかる点。

そしてガス缶は外気温の影響を受けやすいため、冬場のキャンプでは火力が安定しません。

ガス缶をランタンの燃料だけでなく、他のキャンプギアの燃料として併用すると、荷物が減って便利ですよ。

灯油ランタン

灯油パラフィンオイルを燃料とするランタンです。

ランタン本体に燃料を注いで着火するだけと操作が簡単なので、キャンプ初心者におすすめのランタン。

光量が控えめなので、これ一台あれば充分!とは言えませんが、キャンプの雰囲気づくりに役立つので、一台は持っていて良いランタンですよ。

燃料として、値段は安いがススが出て汚れる灯油よりも、値段は割高でもメンテナンスの手間が省けるパラフィンオイルがおすすめですよ。

LEDランタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

@grass.campがシェアした投稿

キャンプでも主流になりつつある、LEDが光源のランタンです。

ボタン1つですぐに使えること、バッテリー容量が大きいものだとスマホの充電もできるなど、利便性の高さから人気のランタン。

最大のメリットは安全性。火を使わないため、お子様でも扱うことができ、屋内でも安心して使用できます

デメリットとしては、明るさが物足りないと感じるものがあること。

燃焼するランタンと比べると、どこか人工的な明るさに感じることがあるため、キャンプには可燃性のランタンも持っていきたいですね。

ガソリンランタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

あおりな(@aorina1120)がシェアした投稿

ホワイトガソリンなどのガソリンを燃料とするランタンを指します。

最大の特徴は光量の大きさ。圧倒的な明るさで、キャンプサイト全体を照らすのに適しています。

デメリットとして、着火に手間がかかるという点と、消耗品が多いためコストがかかるという点があります。

とは言え、着火するだけでもかなりの達成感があり、キャンプの醍醐味を味わえるというので、ベテランキャンパーに長年愛用されているランタンでもあります。

ガソリンランタンの付け方については、こちらの記事も参考にしてください。

 

ランタンの屋内使用について

そもそもランタンってキャンプ道具だよね? 屋内で使用してもいいの?

結果的にいうと、ランタンの屋内使用はOKです。

デザインや色も豊富なので、お部屋に置いておくだけでもインテリアとしても使用できます

私はおしゃれなカフェで、ランタンが飾られているのを見たこともあります。

火を使うランタンの揺らめく灯りは、癒しを与えてくれるので、リラックスタイムには最適ですよ。

また、ガソリンランタンの中にはホワイトガソリンとレギュラーガソリンのどちらも燃料として使えるものがあり、災害時にも役立ちますよ。

Coleman(コールマン) プレミアム ダブル フューエル ランタン

[出典引用:Amazon]

ただし、冒頭でも書きましたが、可燃性のランタンを屋内で使用する際には注意が必要です。

どんなことに注意したらいいの?

次で可燃性ランタンを屋内で使用する際の注意点について、詳しくお伝えしていきます。

 

ガソリンランタンを屋内で使用する際の注意点

ガソリンランタンをはじめとする、可燃性のランタンを屋内で使用する際、押さえておきたいポイントが4つあります。

  • 給油・点火は屋外でおこなう
  • 換気をしっかりする
  • ランタンが転倒しないよう配置する
  • 喉や目に刺激を感じたら、使用を中止する

1つずつ詳しく見ていきましょう。

給油・点火は屋外でおこなう

ガソリンなどの燃料をランタンに補充する際、燃料が空気中に蒸発することがあり、屋内に燃料が充満する可能性があります。

そんな中で点火すると火災につながる恐れがあるので、大変危険です。

可燃性ランタンに給油・点火を行う際は、必ず屋外でおこなうようにしましょう

換気をしっかりする

可燃性ランタンを閉めきった空間で使用すると、一酸化炭素中毒になる危険性があります。

換気をしっかりすることにより、その危険性が減るため、テントなどの入り口は開けて使用しましょう

テントで就寝する際はテントを閉め切らなければいけないため、LEDランタンを使用するのがおすすめですよ。

ランタンが転倒しないよう配置する

可燃性ランタンが転倒すると、他のキャンプギアなどが燃えて火災に繋がる恐れがあります。

これは屋外で使用する際も同様に気を付けなければいけない点です。

ですが、屋内では物が密集しているため、より火事に繋がりやすくなっています。

転倒防止策として、ランタンを吊り下げて使用することがあります。

注意ポイント

テント内で可燃性ランタンを吊り下げて使用する場合は、天井を燃やしてしまわないよう、吊り下げる高さまできちんと考えておきましょう。

喉や目に刺激を感じたら、使用を中止する

屋内で使用する目的で販売されているストーブなどとは異なり、ランタンは屋外で使用する前提で販売されています。

そのため、屋内で使用する際の安全基準を満たしていない為、健康被害にあう恐れがあります。

喉や目に刺激を感じた際には、ランタンの使用を中止し、健康被害を受けないようにしてください。

 

屋内使用厳禁⁉ガソリンランタンの押さえておきたいポイント:まとめ

今回は屋内でガソリンランタンをはじめとする可燃性ランタンを使用する際に押さえておきたいポイントについて、お伝えしました。

ポイント

  • ガソリンランタンは、キャンプ全体を照らせるハイパワーな灯りが特徴。
  • 屋内でもガソリンランタンは使用可能。
  • 可燃性ランタンを屋内で使用する際は、注意が必要。
  • 屋内と屋外でランタンを使い分けるとgood

災害などの非常時に、ガソリンランタンの大きい光量に照らされると、部屋が明るくなって安心しますよね

屋内で可燃性ランタンを使用する際は、今回お伝えしたポイントをしっかり押さえて、安全に配慮してキャンプを楽しみましょう

スポンサーリンク

-ガソリン, ランタン, 屋内

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5