おしゃれ ランタン 明るい

知っておきたい!ランタンの単位ルーメンとその明るさの目安について

ランタンでよく見るルーメンって何?どのくらいの数値を選べばいいの?

そんなお悩みにお答えします。

キャンプの必須アイテムとしてはもちろん、部屋のインテリアとしても人気があるランタン

種類も豊富でどのランタンを買うか悩んでしまいますよね。

選ぶ時、性能表示で見慣れない単位の「ルーメン(lm)」に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

私は最初ミリリットル(ml)と間違え、赤っ恥をかきました。

今回はそんな見慣れない単位ルーメン(lm)と用途別の目安について、すすめのランタンと共にご紹介いたします。

 

そもそもルーメン(lm)とは

そもそもルーメン(lm)って何?

ルーメン(lm)とはLEDランタンでよく使用されている明るさの単位で、ざっくりといえば放射される光束の量を表しています。

ルーメン(lm)の数値が大きければ大きいほど、放射されてる光の束が多く、明るいということになります。

近年ではLEDランタンだけではなく、可燃性のランタンもルーメン(lm)で表示されています。

ルーメン(lm)を基準に明るさを比較できるようになると、ランタンを選びやすくなりますよ。

 

ルーメン(lm)とその他の単位を比較する目安

ランタンってルーメン(lm)以外にも色んな単位で表示されてるから、ルーメン(lm)だけじゃ分からない!

そう感じる方も多いのではないでしょうか?

ここではルーメン(lm)以外にもよくみる単位であるカンデラ(cd)ワット(W)をルーメン(lm)と比較して換算する目安をみていきましょう。

あくまでも目安ですが、知っておくと明るさの比較がしやすくて便利ですよ。

カンデラ(cd)

カンデラは国際基準の単位で、一方向に向かう光の強さをあらわす単位です。

カンデラは元々キャンドルから由来がきており、1カンデラ=ろうそく1本分の明るさとほぼ同様とされています。

似たような単位でキャンドルパワー(cp)がありますが、こちらも1cp=ろうそく1本分の明るさとされています。

なので、カンデラとキャンドルパワーはほぼ同様の明るさだと思ってください。

ルーメンとの比較

先に結論からいうとこうなります。

1カンデラ(cd)=約12ルーメン(lm)

ルーメンとカンデラを換算する式があり、そちらから算出しています。

【換算式】ルーメン(lm)=カンデラ(cd)×ステラジアン(sr)

ステラジアンは方向を示す単位で、全方向は4ステラジアンで表します。

1キャンドルパワー×4π≒12.65lm(ルーメン)となり、キャンドルパワーとカンデラは同様に考えるため、1カンデラ(cd)は約12ルーメン(lm)となります。

カンデラとルーメンの比較は正直ややこしいです。

入射角など、他にも難しい理論はありますが、ここでは1カンデラ(cd)=約12ルーメン(lm)を目安としてください。

ワット(W)

ワットは消費電力を表す単位です。白熱電球などにもよく使われており、可燃性のランタンでもよく見る単位です。

LED電球が普及する以前は消費電力が多い=それだけ明るい!との考えがあり、ワット(W)は明るさの指標にもなっていました。

ルーメンとの比較

日本電球工業会の「電球形LEDランプ性能表示等のガイドライン」には次のように記されています。

  • 「白熱電球30W相当=LED電球325ルーメン以上」
  • 「白熱電球100W相当=LED電球1,520ルーメン以上」

こちらから、1,000ルーメン=75~80W相当を目安とすることができます。

ポイント

1カンデラ(cd)=約12ルーメン(lm)

1,000ルーメン=75~80W相当

これからランタンを購入するときには上記の目安を参考にして明るさを比較してみてください。

 

用途別に見たランタンのルーメン(lm)の目安

ルーメン(lm)が明るさの単位なのは分かったけど、実際キャンプではどのくらいの明るさのランタンが必要なの?

そんな疑問もあると思います。

キャンプで使用するランタンは用途別に必要な明るさが違い、それぞれ目安があります。

ここでは、それぞれの用途別に目安のルーメン( lm)と共におすすめのランタンをご紹介します。

メインランタン

メインランタンはその名の通り、キャンプサイト全体を照らすランタンを指します。

明るさの目安:1,000ルーメン以上

キャンプサイト全体を照らすので、光量の大きなランタンを選びましょう。

メインランタンにおすすめのランタン

ジェントス エクスプローラー EX-1300D

[出典引用:楽天市場]

最大1,300ルーメン(lm)という圧倒的な明るさをもつLEDランタンです。

本物の炎のように暖色光量がランダムに変化する「キャンドルモード」が搭載されています。

使える用途も幅広く、コスパも良いオススメのランタンです

ソト(SOTO) フォールディングランタン ST-213

[出典引用:Amazon]

CB缶を燃料として使用するガスランタンです。点火スイッチもあり、初心者でも比較的簡単に扱うことができます

最大の照度が200W相当とされているので、ルーメンに換算すると3300ルーメン以上となります。メインランタンとして十分な明るさですね。

本体に上部の耐熱ガラス(ホヤ)を収納できるので持ち運びしやすいですよ。

コールマン(Coleman)プレミアム ダブル フューエル 光度調整機能付き 

[出典引用:Amazon]

ホワイトガソリンやレギュラーガソリンが燃料のガソリンランタンです。

2種類の燃料から選べるので、非常時や緊急時にも役立つランタンです。

明るさは840ルーメンですが、発光部分のマントルが2つあるため、とても明るいです。

日本未発売なので、他のキャンパーと差をつけることができますよ。

テーブルランタン

テーブルランタンもその名の通り、卓上で料理や手元を照らすランタンです。

明るさの目安:150~400ルーメン(lm)

暗くて手元が見えないのは困りますが、明るすぎると虫が寄ってくる原因にもなります。

キャンプサイトの雰囲気を左右するランタンでもあるので、明るさももちろんですが、デザイン性も重視して選ぶといいですよ。

オシャレなランタンを選ぶと料理も高見えして映えますよ!

テーブルランタンにおすすめのランタン

コールマン ルミエールランタン 205588

[出典引用:Amazon]

レトロな雰囲気がおしゃれなガスランタンです。ガラスホヤがかなり繊細な作りなので、取り扱う際には割れないよう、注意が必要です

マントルが不要で、着火するだけのカンタン操作でキャンプ初心者でも扱いやすいですよ。

下部のOP缶にカバーをつけるとよりオシャレに使えますよ

デイツ社(DIETZ) ハリケーンランタン-デイツ78黒金

[出典引用:Amazon]

「どんな悪天候でも使用可能な、炎が消えることのないランタン」のキャッチフレーズを掲げる、キャンパーに人気のオイルランタンです。

高級感溢れるレトロなデザインはキャンプサイトの雰囲気をぐっとオシャレにしてくれます。

ハリケーンランタンは種類も色も豊富で、お気に入りのものが選べますよ。

テント内ランタン

こちらもその名の通り、テント内を照らしてくれるランタンです。

明るさの目安:100~200ルーメン(lm)

テーブルランタン同様、虫が寄ってくるのを防ぐため、明るすぎないランタンを選びましょう。

またテント内でランタンを使用する際、可燃性ランタンだと一酸化炭素中毒火事をの危険性があります。

テント内ではLEDランタンを使用することをおすすめします。

テント内ランタンにおすすめのランタン

コールマン(Coleman) ラギッド パッカウェイ ランタン 2000036871

[出典引用:楽天市場]

電池式で携帯の充電も可能な小型のLEDランタンです。

元々コンパクトなサイズですが、折り畳みができ、よりコンパクトに収納できます。

私は寝るときにスマホを充電しながら使用しています。

フィールドア(FIELDOOR) アンティーク LEDランタン

[出典引用:Amazon]

オイルランタンのようなレトロなデザインがおしゃれなLEDランタンです。

揺らぎモードが搭載されているので、デザインだけでなく性能でもオイルランタン様に癒しを与えてくれます。

キャンプだけでなく、家のインテリアでも活躍してくれるオススメのランタンです。

知っておきたい!ランタンの単位ルーメンとその目安について:まとめ

インターネットの普及により、店頭だけでなくインターネットでもランタンの購入を検討することが多くなりました。

私はネットでランタンを検索しすぎて履歴がランタンで溢れています。

実物を手にすることができない中、性能表示や特に明るさを示すルーメン(lm)は理解しておくことが重要です。

ルーメンとワットやカンデラなど、ほかの単位との関係や、用途別で必要なルーメンの目安もランタンを選ぶ上で大切な知識。

しかし、この目安はキャンプサイトの広さやテントの大きさなどによって、ランタンの必要な数が変わるため、絶対に正しいものではありません

あくまで目安ですが、ランタン選びで失敗しないため、必須です。今回の目安を参考にして、ぜひご自身のお気に入りランタンを見つけてください。

 

スポンサーリンク

-おしゃれ, ランタン, 明るい

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5