LED テント内 ランタン 吊るす

ランタンの吊るし方!私のおすすめ設置方法と商品を紹介します!

テントでランタンを吊るして使いたいんだけど、 吊るす方法教えて!

そのお悩みを解決します。

ランタンといえば、ガスランタンなどの強力なランタンを屋外に設置して周囲を照らす使い方がメインだと思いがちではないですか?

ですが、意外と大事なのがテントの下タープの下に設置するランタンなんです。

ただ明るいランタンを設置しても、設置方法次第で周囲を明るくも、暗くもします。

この記事ではランタンの明かりを有効に使用できる設置方法をお伝えします。

 

テント内やタープ下のランタンにはLEDランタン

テント内やタープ下で使用するランタンは必ずLEDランタンを使うようにしましょう。

なぜ?

  • テントやタープは熱に弱いものが多い。
  • ガスランタンの高熱で溶けてしまう可能性がある。
  • 狭い空間で高熱のランタンを使用するとやけどする可能性がある。
  • 最悪の場合火災に繋がる恐れがある。

大きいサイズのテントであっても、テント内でガスランタン等のランタンを使用するのはおすすめしません。

LEDランタンであれば何でもいいわけではないので、テント内やタープ下で使用するのに適したものを選びましょう。

私がキャンプに行くとき、以前は他のランタンとLEDランタンを場所に合わせて使用していました。

今は子どもたちとキャンプを楽しみたいので、LEDランタンのみ使用してます。

他のランタンが危険というわけではないですが、我が家の末っ子が元気者すぎて何をしでかすか分からないので...。

大きくなっても一緒にキャンプを楽しんでくれるなら、ガスやガソリンランタンなどメンテナンスを含め一緒に楽しみたいと心待ちにしています。

 

テント内やタープ内でのLEDランタンの選び方

一般的なランタンは、置いて使ったり離れた場所に吊り下げて使用することを想定して作られています。

そのため真下は照らせないものが多いんです。

例えば、LEDランタンの真下は電池を入れるようになっていたり、安定しておけるようにゴムがついている。

それではランタン自体が影になってしまい、家庭用の電球のような使い方をすることができません。

なので、テント内やタープ内で使用するLEDランタンは、フックなど取付ける部分が上部発光部分が下部にあるものを選びましょう。

吊るして使用しやすい軽量モデルのLEDランタンがおすすめです。

電球の色でも雰囲気が変わります。

ポイント

  • 明るさを求めるなら白色
  • 癒しを求めるなら暖色

明るさはそこまで必要ないですが、200ルーメンくらいはあるといいですね。

(必要な明るさはテントの大きさにもよります)

 

テント内やタープ内でのLEDランタンの設置方法

テント内やタープ下にランタンを設置すると言っても、テントやタープの種類によって設置方法は大きく異なります。

ランタンを設置するための設備がテントやタープに備わっていれば苦労しませんが、そうでない場合は工夫して設置する必要があります。

下記でご紹介する5パターンの設置方法で、今まで経験した全てのテント・タープで対応できています。

私の実体験なので、もしかしたらもっと別の方法があるかもしれませんが、よかったら参考にしてみてください。

テントやタープに付いているフックやリングに付ける

最も簡単な方法です。

種類によってはランタンを吊るすために設置されたものがあります。

そうでなくても、テントやタープにはランタンが引っかけられそうな場所がいくつかあります。

丁度良い場所に引っかけることができれば、これが最も手っ取り早く簡単な方法ですね。

注意点

  • ランタン用として設置されたもの以外に引っ掛ける場合は、ランタンの重さとテントやタープの耐久性を確認して活用しましょう。
  • ランタンの重さに耐えきれず破損してしまうリスクがあります。

ポールにマグネットを使って取付ける

テントやタープに引っ掛ける場所がない場合、ポールにマグネットでくっつける方法です。

ランタンのなかにはマグネットが内蔵されているものがあるので、そのマグネットを活用します。

骨組みの多いツールームテント等では、比較的マグネットが付く場所が多くあります。

注意点

  • ポールならどこにでも磁石がくっつきそうですが、ポールのつなぎ目にくっつく場合多いです。
  • アイテムによっても違うので、自宅にある磁石で試しておきましょう。

吊るす場所がない場合はマグネットで挟み込む。

マグネット対応のランタンを使ってテントやタープを別のマグネットと挟み込む方法です。

100均などに小型で強力なマグネットが売っているので、それをテントやタープを上下で挟み込んで固定します

子どもの頃に紙や下敷きの上下にマグネットを挟んで動かして遊んだことありませんか?

それと同じようなイメージです。

注意点

  • この方法はテントやタープのほぼすべての場所に設置することができます。
  • ですが、風が吹いたり、テントやタープ自体が揺れると少し安定感に欠ける場合があります。

ランタンスタンドを設置する

テント内やタープの下にスペースがあるなら、ランタンスタンドを設置してランタンを取付けます。

ランタンスタンドはほとんどのものが高さを自在の変えられて、タープの下でも使えるほど低くできるものもあります。

私の友人はスノーピーク パイル ドライバーを使用していますが、地面に突き刺すタイプなので狭い空間でも邪魔にならず、ハンマーなどの準備も必要ないので非常に便利で愛用しています。

スノーピーク パイル ドライバー

引用元:楽天市場

地面に突き刺すタイプのランタンハンガー。

足がなくコンパクトなので、引っかかって転ぶ心配がなく、子どもが一緒のキャンプにもおすすめ。

刺さりが甘いと倒れる場合があるので、地面に20cmほど打ち込んで使用するようにして下さい。

テントやタープにロープを張って取付ける

テントやタープのポールを利用してロープを張り、そのロープにランタンを吊るす方法です。

この方法だとランタン以外にも小物を吊るしたりもできるのでおすすめです

注意点

  • 普通のロープだとランタンを吊るした時に、中央に下がってきます。
  • 洗濯用ロープだと区切りが付いているのでランタンを好きなところに固定できます。

洗濯用ロープってピンクや水色のイメージがありますが、私の友人情報だとセリアのアウトドアコーナーで黒やカーキのハンギングロープがたまに売っているらしいです。

もし見つけることができたらお得にゲットできますね。

ただ在庫切れでないことが多いみたいです。

 

吊るして使用しやすいおすすめランタンの紹介

世の中にはLEDランタンがたくさんありますが、私が使用したことがあるおすすめのランタンを紹介します。

コールマン CPX6 リバーシブルLEDランタン

引用元:楽天市場

名前の通り上部も下部にも吊り下げ可能なコールマンの人気シリーズ3作目。

約350ルーメンで非常に明るいのでテントやタープ内でしっかり活躍してくれます。

コールマン ハンギングE-ライト

引用元:楽天市場

コンパクトなデザインでもテント内を明るくするには十分な光量を持ったライトです。

私のおすすめポイントは、女性の手のひらに収まるサイズなので子どもにも扱いやすいところ。

マグネット内蔵でポールなどどこにでも設置することができる優れものです。

スノーピーク たねほおずき

引用元:楽天市場

本体上部のマグネットキャッチでひもに通して吊るしたり、磁石が付く鉄製品にくっつけることができます。

シリコン性のソフトシェードが光を和らげてくれて、本体への衝撃を緩和してくれます。

ジェントス Sol036C

引用元:楽天市場

底面のフックが内蔵されているので、テントやタープにも吊り下げやすいです。

少し重いのが欠点ですが、最大350ルーメンでメインランタンのも使える優れもの。

トップカバーを外せばよりコンパクトに持ち運べます。

ランタンを吊るし方!私のおすすめ設置方法と商品を紹介します!:まとめ

まとめ

  • テントやタープには安全に使えるLEDランタンを使用しましょう。
  • ランタンは上部に引っ掛ける部分、下部が発光部分になったものを選びましょう。
  • 設置方法は引っ掛ける、マグネットで固定する、ロープやスタンドに吊るすなど複数がある。
  • テントやタープに使用目的に合った方法で設置しよう。

ランタンは複数設置することで影を少なくすることができますが、更に頭上から照らすことで死角をなくすことができます。

テントやタープの天井部分にランタンが一つあるだけで快適性が大きく向上しますよ

ぜひお試しください。

 

スポンサーリンク

-LED, テント内, ランタン, 吊るす

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5