ランタンオイル 防虫

夏は防虫できるランタンオイルがおすすめ!どのオイルが効果抜群?

防虫できるランタンオイルがあるって本当?どんなものなの?

そんな疑問にお答えします。

大自然の夜を照らすランタンはキャンプに必須のアイテムの1つ。

特に雰囲気づくりに最適な灯油ランタンは、食卓用のテーブルランタンに使うと最高です。

でも、夏になるとランタンの光に虫がたくさん寄ってくるので、何か対策をする必要がありますよね。

毎年私も夏の虫の多さには手を焼いています。

夏の虫対策には、防虫効果がついたランタンオイルがあれば効果的。

灯油ランタンの燃料は灯油とパラフィンオイルの2つですが、一部防虫効果のあるパラフィンオイル販売されています。

今回は防虫効果のあるパラフィンオイルとはどんなランタンオイルなのかを詳しく解説します。

さらに記事後半ではおすすめの商品もご紹介しますよ。

 

パラフィンオイルとは?

防虫効果を解説する前に、そもそもパラフィンオイルとはどんなランタンオイルなのかを見ていきます。

パラフィンオイルは灯油ランタンに使用するランタンオイルです。

特に表示がない限り、通常のパラフィンオイルには虫よけ効果はありません。

燃料としての品質は灯油と同等ですが、灯油にはないメリットをいくつか持っています。

一番のメリットは安全性の高さです

安全性が高いランタンオイル

パラフィンオイルは揮発性(きはつせい)が低く、安全性が高いランタンオイル。

反対に、ガソリンや灯油は揮発性がとても高いランタンオイルです。

揮発性が高いと常温でも可燃性の気体が発生するので、引火しやすくて非常に危険です。

常温で液体が気体に蒸発することを揮発と言う。

ペットボトルに入れて使えるほど安全

揮発性が高いとどれだけ危険なのでしょうか。

例えば、ペットボトルは燃料の小分けに便利なので、灯油やガソリンを入れて使えると便利ですよね。

実際に私もホワイトガソリンの容器にペットボトルを使っていましたが、これはとても危険な行為。

ペットボトルの材質のプラスチックは電気を通さないので、ペットボトルの中で静電気がたまり火花が起こることがあります。

火花自体は小さなものですが、揮発性の高い灯油やガソリンは容器内で可燃性の気体に引火してしまいます。

その点パラフィンオイルなら揮発性がとても低いので、ペットボトルでも持ち運びが可能。

パラフィンオイルの安全性と取り扱いの容易さは他のランタンオイルとは比べ物になりません。

パラフィンオイルが揮発する温度、つまり引火点は95℃以上。

その他のメリット

灯油特有の鼻を刺すような臭いが苦手という方もいますよね。

パラフィンオイルならほとんど臭いがありません。

また、灯油なら黒い煤(すす)が出るのでメンテナンスが大変ですが、パラフィンオイルは煤も出ません。

こんなにメリットがあるパラフィンオイルですが、1つだけデメリットがあります。

ただ1つのデメリット

パラフィンオイルの唯一の弱点が価格です。

仮に灯油がキャンプ1日で100ml程度だと約10円くらい。

対するパラフィンオイルは100mlで150円から200円ほどです。

パラフィンオイルは灯油の価格の10倍以上にもなります。

ただし、灯油が安いとも言えるので、高いと感じるかは人によるようです。

ある友人のキャンパーの場合、キャンプに行くのは月に1,2回なので高いと思っていないとのことでした。

私もキャンプ1日で150円と言われると、それほど高いと感じません。

パラフィンオイルはキャンプ回数がそれほど多くない方に特におすすめしたいですね。

逆にキャンプ回数が多いキャンパーにとって、灯油のコストパフォーマンスの良さはありがたいね。

 

なぜ防虫できるのか

パラフィンオイルの中には防虫効果のある商品があります。

防虫効果の理由は天然ハーブ。

私はハーブと聞くと香りによるリラックス効果を思い浮かべましたが、防虫効果もあるなんて驚きです。

私はアロマオイルやハーブをよく使うので、防虫効果があるのは常識。

蚊やダニに特に効果のあるハーブ

虫よけパラフィンオイルのハーブにはミントやユーカリ、シトロネラなどがよく使われます。

これらのハーブはとりわけ蚊やダニなどへの高い防虫効果が見込めます。

特に夏の蚊やダニはぜひとも避けたいですよね。

また、ハーブは虫よけスプレーによく使われる化学薬品と違って体に優しいので安心です。

 

おすすめのパラフィンオイル3選

防虫効果のあるパラフィンオイルはいくつか販売されています。

ただ、燃料としての品質は良くても虫よけ効果がはっきりしない商品も少なくありません。

ここでは品質がよくて、虫よけ効果もバッチリな商品を3つご紹介します。

虫よけ スターパラフィンオイル

[出典引用: Amazon]

高い品質に定評のあるスター商事のパラフィンオイル。

虫よけにはユーカリやミントなど複数の天然ハーブを配合しています。

爽快な香りはリラックス効果も期待できますよ。

夏には虫よけ効果抜群でさわやかな香りの「虫よけスターパラフィンオイル」がおすすめです。

Kavilaパラフィンオイル

 

[出典引用: Amazon]

虫よけ効果は欲しいけれど、ハーブの香りが苦手な方におすすめ。

香りがほとんどない天然の除虫菊を虫よけハーブとして配合しています。

無香料なのに虫よけ効果がバッチリのパラフィンオイルです。

カメヤマ シトロネラオイル 500ml

 

[出典引用: カメヤマ公式ショップHP]

特に蚊やダニに効果の高いレモンユーカリのハーブオイルを配合。

さらにシトロネラを加えることで、よりクセの少ない香りになっています。

注ぎやすいノズルつきの容器で、オイルこぼれの心配がありません。

他のパラフィンオイルに比べて価格が高めなのが少し残念。

夏は防虫できるランタンオイルがおすすめ!どのオイルが効果抜群?: まとめ

夏のキャンプは虫が多くて防虫対策が必要ですが、防虫パラフィンオイルも有効な対策の1つ。

防虫パラフィンオイルに含まれるハーブには防虫効果だけでなく、気分を爽快にする心地よい香りもあります。

夏の虫対策にはぜひ防虫パラフィンオイルを使って、安全で快適なキャンプを楽しんでください。

スポンサーリンク

-ランタンオイル, 防虫

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5