ガソリン ランタン

音で癒される!?人気沸騰中のガソリンランタンの魅力を徹底解説!

ガソリンランタンってどんなランタンなんだろう? ガソリンランタンの魅力が知りたい!誰か教えて!

そんな疑問にお答えします。

夜のキャンプに欠かせないアイテムと言えば、やっぱりランタンですよね。

その中でもキャンパーに長く愛されているのがガソリンランタンです。

キャンプ初心者にはいつか使ってみたい憧れの存在ではないでしょうか?

ガソリンランタンの燃焼する時の音を知ると、やみつきになりますよ。

今回はそんな憧れのランタンである、ガソリンランタンの魅力について、ご紹介いたします。

 

ランタンの種類

そもそもランタンってどんな種類があるの?

ランタンは燃料によって大きく4つに分かれ、ガソリンランタンはその1つです。

  • ガスランタン
  • 灯油ランタン
  • LEDランタン
  • ガソリンランタン

ひとつずつ見ていきましょう。

ガスランタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

haruari0425(@haruari0425)がシェアした投稿

OD缶(アウトドア向け製品)CB缶(一般家庭向け製品)が燃料のランタンを指します。

LEDランタンよりも明るく、ガソリンランタンよりも着火しやすいとあって、バランスの取れたランタンと言えます。

デメリットとして、主な燃料であるOD缶が高いのでコストがかかること。

そしてガス缶は外気温の影響を受けやすいため、冬場のキャンプでは火力が安定しません

ガス缶をランタンの燃料だけでなく、他のキャンプギアの燃料として併用すると、荷物が減って便利ですよ。

灯油ランタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rough Style(@rough_styles)がシェアした投稿

灯油パラフィンオイルを燃料とするランタンです。

ランタン本体に燃料を注いで着火するだけと操作が簡単なので、キャンプ初心者におすすめのランタン。

光量が控えめなので、これ一台あれば充分!とは言えませんが、キャンプの雰囲気づくりに役立つので、一台は持っていて良いランタンですよ。

燃料には灯油よりも割高ですが、スス汚れが少なくメンテナンスの手間が省けるパラフィンオイルがおすすめですよ。

LEDランタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡(@kupitopicamp)がシェアした投稿

キャンプでも主流になりつつある、LEDが光源のランタンです。

ボタン1つですぐに使えること、バッテリー容量が大きいものだとスマホの充電もできるなど、利便性の高さから人気のランタン。

最大のメリットは安全性。火を使わないため、屋内でも安心して使用できます。

デメリットとしては、明るさが物足りないと感じるものがあること。

燃焼するランタンと比べると、どこか人工的な明るさに感じることがあるため、キャンプには燃焼系ランタンも持っていきたいですね。

ガソリンランタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

サボ(@sabo_510)がシェアした投稿

ホワイトガソリンなどのガソリンを燃料とするランタンを指します。

最大の特徴は、光量の大きさ。圧倒的な明るさで、キャンプサイト全体を照らすのに適しています。

ハイパワーな明るさの中にある、優しい燃焼音が癒されるポイントです。

デメリットとして、着火に手間がかかるという点と、消耗品が多いためコストがかかるという点があります。

とは言え、着火するだけでも達成感がかなりあり、キャンプの醍醐味を味わえるというので、ベテランキャンパーに長年愛用されているランタンでもあります。

ガソリンランタンの付け方はこちらの記事を参考にしてください。

 

ガソリンランタンの構造

[出典引用:Amazon]

ガソリンランタンの構造ってどうなっているの?

上記の画像のように、ガソリンランタンには多くの部品が使用されています

その中でも重要な部品を3つご紹介いたします。

マントル

ガソリンランタンの光源となる重要な部品。

ランタンの点火作業前に「空焼き」という下準備が必要になります。

一度マントルを空焼きすることで不純物が無くなり、マントルの発光体のみが残ることで明るさが安定します。

空焼き後のマントルはかなり破れやすいので、触れないよう注意してください

コールマン マントル

[出典引用:Amazon]

ジェネレーター

ガソリンランタンの中央を通る管で、燃料を液体から気体へと気化させてくれる大切な部品です。

ジェネレーター内部が汚れてしまうと、きれいに光らなくなってしまいます。

キャンプにはマントルとジェネレーターの予備を準備して行きましょう。

コールマン ジェネレーター

[出典引用:Amazon]

ポンプノブ

ガソリンランタンの点火作業に欠かせない「ポンピング」をする部品で、ポンプブランジャーとも呼ばれます。

ポンピングは燃料タンク内に空気を送り込み、タンク内を加圧する作業を指します。

ポンピングによって燃料が運ばれる為、ポンプノブは非常に重要な部品ですね。

ポンプノブの先にはポンプカップという部品があり、この部品がきちんとはまっていないと加圧できない為、ポンプノブと合わせて重要な部品と覚えておきましょう。

コールマン(Coleman) ポンププランジャー一式

[出典引用:Amazon]

癒しの音を奏でるガソリンランタンの魅力

ガソリンランタンの魅力は大きく3つあります。

  • 炎の色と音で癒される
  • 光量が明るい
  • 寒さに強く、火力が安定している

1つずつ詳しく見ていきましょう。

炎の色と音で癒される

あまり知られていないガソリンランタンの魅力に、燃焼時の音があります。

ガソリンランタンは燃料を燃やして光をともしているので、明るいのに優しい暖色系の色合いをしており、癒されます。

また、ガソリンランタンは燃焼時に燃料がジェネレーション内を通って気体になるのですが、その際に「シュコーーーーッ!」という音がするんです。

この音はたまらなく耳が癒されるいい音なんですね。

文字だけでは分かりづらい方はこちらの動画で音を確認してみてください。

光量が明るい

ガソリンランタンは、数あるランタンの中でもハイパワーで非常に明るいのが最大の特徴。

マントルによって、パワフルな光が広がります。

キャンプ全体を照らすメインランタンとして、大いに活躍してくれますよ。

寒さに強く、火力が安定している

主な燃料であるホワイトガソリンは、引火点が-50度と低いため、気温が低い中でも燃焼し続けることができます

ガスランタンなどは冬場は火力が安定しませんが、ガソリンランタンは高火力を保ったまま、照らし続けてくれます。

夏場もその明るさから、虫を寄せ付ける役割を果たしてくれるため、季節問わず役立つ頼もしいランタンですね。

 

音で癒される!ガソリンランタンの魅力をご紹介:まとめ

今回はガソリンランタンの魅力についてご紹介いたしました。

ポイント

ガソリンランタンは圧倒的明るさを誇るランタン

マントルの空焼きやポンピングが着火に必要な作業

明るさだけではなく、燃焼音も魅力的

ガソリンランタンは着火に手間がかかる分、キャンプで味わいたい非日常感が強く演出できます

便利な日常から抜け出す、そんなキャンプを楽しんで頂くのに、ガソリンランタンは最適です。

今回の記事を参考に、是非ガソリンランタンと楽しいキャンプをお過ごしください。

スポンサーリンク

-ガソリン, ランタン,

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5