おすすめ クランプ ランタンスタンド 三脚 打ち込み

ランタンスタンドのおすすめ商品はこれ!人気ランキングを紹介!

ランタンスタンドの人気商品を教えて!

その疑問にお答えします。

「ランタンスタンド」は、1つ持っているだけでキャンプの夜格段に過ごしやすくなる必須アイテムです。

スノーピークやコールマンなどさまざまなアウトドアメーカーから販売されていますが、何を選べば良いのか迷っている方も多いと思います。

そこでこの記事では、

「ランタンスタンドの必要性」

「ランタンスタンドの選び方」

「人気のおすすめ商品ランキング」

について紹介します。

 

ランタンスタンドの必要性

ランタンを吊るすためだけに使用するものと思われがちなランタンスタンドですが、実はキャンプの時間を快適に過ごすのに重要なアイテムなんです。

ランタンを使用する際、テーブルの上に直接ランタンを置いたり、テントのポールに引っ掛けて使用している方もいらっしゃいますよね。

テーブルにランタンを直接置くことによってテーブルの上が狭くなって使いにくかったり、誤って触ってしまいケガをする危険があります。

そのほかにも、テントのポールや立木などに吊るす場合は設置できる場所が限られるので、実際に明かりが欲しい所に明かりが届かない場合もあります。

ランタンスタンドを使用することで、上記のことが改善されますよ。

高い位置にランタンを吊るせば、夜のキャンプでも広範囲明るく照らすことが可能です。

少し離れた所にランタンを設置することで、虫をおびき寄せる効果があります。

明かりが不要な日中は物干し竿として活用することもでき、置き場に困る荷物や洋服を引っ掛けておいたり、ドライネットを吊るして食器を乾かすことが可能です。

ランタンスタンドを1つ持っておけば夜を照らすこと以外にも、キャンプ自体を快適に過ごすのに便利なアイテムとして活躍してくれますよ。

 

ランタンスタンドの選び方

それでは、ランタンスタンドの選び方を紹介します。

1.設置場所や安定感のある脚の種類で選ぶ

ランタンスタンドは3つのタイプがあります。

設置する場所によって脚の種類を選びましょう。

足元スッキリの1本脚タイプ

1本脚タイプは、本体を地面に突き刺すだけ簡単に設置できることが魅力です。

平地はもちろん、多少傾斜のある場所でも設置することができ、脚部分に足を引っ掛けて転んでしまう心配がありません

キャンプの夜ってテンションが上がってはしゃいでしまいますよね。

大人数での集まりや、子ども連れのキャンプにおすすめです。

ただし、コンクリートや硬い地面に設置することができないので事前に場所の確認をしておきましょう。

安定感のある3本脚タイプ

平地で抜群の安定感を発揮するのが3本脚の三脚タイプのランタンスタンドです。

脚部分を開いて立てるだけで設置することができ、付属のペグを打ち込めば風の強い日でも安定して使用できるのが魅力です。

地面に深く差し込む必要がなく力を使わずに設置できるので、力の弱い方や女性でも簡単に設置することが可能です。

傾斜のある場所には設置できないため、キャンプ場などの地形を事前に確認しておきましょう。

手元を照らすクランプタイプ

クランプという金具をテーブルや棚などに固定して使用するのがクランプタイプのランタンスタンドです。

コンパクトに収納できるものが多く、場所を取らないのでテーブルの上を広く使うことができます。

食事や作業をするときに手元を明るく照らしたい時に便利ですよ。

他のランタンスタンドより高さがないので、キャンプサイト全体を照らすことはできない場合があります。

2.使用時のサイズと高さの調節方法

高さ調節の幅が広いランタンスタンドなら用途に合わせた高さから明るく照らすことができます。

100cmから最大230cmの高さがある商品を選んでおくと、どんなシーンでも活躍してくれますよ。

高さ調節の方法も種類があるので確認しておきましょう。

スライド式やネジ式は好みの高さに固定することができますが、ポールが分割式のものは高さが限られてしまうので、スライド式ネジ式を選んでおくと使いやすいですよ。

安全性を重視する

ランタンは火を使う場合もあるため、倒れてしまうと火事の危険性があります

そのため、安全性をしっかり確認しておきましょう。

ランタンスタンドは商品によって耐荷重が違うので、使用するランタンの重量を確認しておくことも重要です。

一般的なランタンを吊るすのに必要な耐荷重はこちら

  • ガソリン式、ガス式のランタンの場合:2kg以上
  • バッテリー式ランタンの場合:1kg以上

洗濯物を干したり、荷物を掛けたりするのであればできるだけ耐荷重の大きなランタンスタンドを選んでおくと良いですね。

収納サイズをチェック

キャンプに持って行くには、収納サイズも重要なポイントです。

折りたたみ式や組み立て式のランタンスタンドが多く、かなり小さく収納できる商品も増えています

組み立て式のランタンスタンドは、パーツの紛失を防ぐためにも収納ケースが付属しているものを選んでおくと安心ですね。

キャンプは荷物が多くなりがちなので、収納持ち運びやすさ重視しましょう。

耐久性やお手入れ方法

屋外で使うことが多いランタンスタンドは、主にアルミスチールステンレスの3種類の素材を使っている商品が多く販売されています。

防錆性耐久性に優れていてお手入れしやすいのがステンレスです。

アルミ軽量で持ち運びしやすく錆びにくいので、初心者にもおすすめですよ。

お手入れしやすい素材や重量も確認しておきたいポイントですね。

 

人気のランタンスタンドランキング

タイプ別におすすめのランタンスタンドを紹介します。

1本脚タイプ

スノーピーク パイルドライバー

引用元:楽天市場

最もシンプルかつタフで人気のスノーピークのパイルドライバーは、素材がスチールであるため、上質で丈夫な作りが魅力です。

最上部のポールを上下にスライドして打ち込めるので、ハンマーなどの道具が一切不要です。

持ち物が減って便利なところもおすすめのポイントですよ。

初心者ベテラン問わずにおすすめしたい1本脚タイプのランタンスタンドですね。

UJack(ユージャック)ハンマーランタンスタンド

引用元:楽天市場

こちらの商品も最上部のポールをハンマーのように打ち付けて、自重で本体を地面に打ち込めるランタンスタンドです。

オールステンレスで防錆、耐久性に優れているので、長く使用することができます。

付属で収納ケースが付いているので、コストパフォーマンスが高いのも魅力ですね。

シングル、ダブル、フリー、ダブルフリーの4種類あるので、自分のキャンプスタイルに合ったモデルを選んでみてください。

Ribitek(ラビット)ランタンスタンド

引用元:楽天市場

アルミ合金製のポールで、総重量0.8kgと他の1本脚に比べてかなり軽量なランタンスタンドです。

使用シーンやランタンの重量に合わせて、110cm、145cm、180cmの3つの高さ調節ができ、テントやタープポールとしても使用することができるのも魅力の1つです。

長さ45cmの専用収納ケースにコンパクトに収納できてザックにも入るので、どこに行っても持ち運びや設置に困らないですよ。

3本脚タイプ

Coleman(コールマン)ランタンスタンド4

引用元:Amazon

コールマンのランタンスタンド4は、3本脚が地面に密着した構造のランタンスタンドです。

3本脚ランタンスタンドの大きなデメリットである脚部分でのつまずきのリスク大幅に軽減しているのが魅力で、子どもと一緒のキャンプでも安心して使用できます

高さはスライド式で10段階調整ができ、収納ケース付きなのも嬉しいポイントですね。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)アルミランタンスタンド

引用元:楽天市場

ポールを回すだけで好みの高さ調節できる自立式の3本脚ランタンスタンドです。

地面に接する部分が樹脂製で自立するので、停電時などは室内でも使用可能です

耐荷重2kgなので大きめのランタンでもしっかり吊るすことができます。

アルミ製の本体は総重量1.2kgと見た目よりも軽量なので持ち運びやすさも魅了ですよ。

Hilander(ハイランダー)ランタンスタンド

引用元:楽天市場

2本のアームでランタン以外にもいろんなものを吊るすことができるアルミ製軽量なランタンスタンドです。

スクリュー式で118cm~250cmまで無段階高さ調節ができ、使う人の身長や目的に応じて高さを変えられるのが魅力です。

三脚部分にペグ打ちをすれば風の強い日でも安心して使用することができますよ。

クランプタイプ

Yaeiworkers(ヤエイワーカーズ)マルチツールスタンド

引用元:Amazon

収納時のサイズが長さ40cm総重量550gとバッグに収納できる軽量でコンパクトなランタンスタンドです。

アルミ製のポールのつなぎ目がネジ式となっているため、4段階での高さ調節ができます

クランプ式と打ち込み式の2wayで使用でき、ダブルフックで使い勝手が良いので、初心者やソロキャンパーにもおすすめですよ。

Coleman(コールマン)ランタンスタンドパックアウェイ

引用元:Amazon

人気アウトドアブランドのコールマンの2022年新商品で、クランプ式と打ち込み式の2wayで使用できるランタンスタンドです。

フレームパーツは5つに分割して収納でき非常にコンパクトに持ち運ぶことができます。

使用するフレームパーツをの数を減らせば高さの調節ができ、ダブルフックの耐荷重は片側のみ使用時で2kg、両側使用時はそれぞれ1kgとなっています。

FIELDOOR ランタンスタンド

引用元:楽天市場

クランプ式で厚さ2.7cm内の様々なテーブルに対応できるランタンスタンドです。

高さ調節が可能で、ランタンの重量に合わせて調整ができる嬉しい仕様になっています。

総重量約250g、収納サイズ約35cmでかなりコンパクトに収納できるので、ザックに入れて持ち運べますね。

ソロキャンプやツーリングキャンプにも最適ですよ。

ランタンスタンドのおすすめ商品はこれ!人気ランキングを紹介!:まとめ

まとめ

  • ランタンスタンドはランタンを吊るす以外にも便利な活用方法がある。
  • ランタンスタンドには、「1本脚」「3本脚」「スランプ」の3種類がある。

ランタンスタンドのおすすめ人気ランキングを紹介しました。

気になる商品は見つかりましたか。

機能性に優れたランタンスタンドがあるだけで、キャンプやアウトドアの時間が格段に過ごしやすくなります。

ご自身のキャンプスタイルに合った最適なランタンスタンドを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

-おすすめ, クランプ, ランタンスタンド, 三脚, 打ち込み

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5