ランタンスタンド 打ち込み

ランタンスタンドは打ち込み式がおすすめ!その理由を徹底解明!

ランタンスタンドがいろいろあり過ぎて選べない。

おすすめのアイテムを教えて!

そのお悩み解決します。

ランタンはテーブルの上に置いたり、テントやタープに吊るしたりすると思います。

ですが、設置場所を選ばないランタンスタンドも欲しいですよね。

数多くあるランタンスタンドの中でも一本足打ち込み式ランタンスタンドがおすすめです。

この記事では、その理由おすすめのアイテムを紹介します。

 

ランタンスタンドとは

ランタンスタンドとは、キャンプで使うランタンを吊るすためのスタンドのことです。

ランタンスタンドには、3本足の三脚式1本足の打ち込み式テーブルなどに挟んで使用するクランプ式があり、その場で組み立てて設置することができます。

持ち運びが大変そうと感じると思いますが、分解できるものが多いので意外とコンパクトにまとまります。

明るく快適に過ごせるランタンスタンド

テーブルの上や床に置いたランタンは手元の小さい範囲しか照らすことができません。

そんな時にランタンスタンドを使えば、テント全体を明るく照らすことができ快適に過ごせるんです。

高い位置にランタンを設置することで、小さな子どもが触れてしまう心配もありません。

虫よけにも使えるランタンスタンド

キャンプやアウトドア中に虫が気になる方も多いと思いますが、そんな時もランタンスタンドが活躍してくれます。

虫は明るいところへ集まる習性があります。

これを利用して吊るしたランタンにおびき寄せ、虫を自分達の周りに寄せつけないという使い方ができます。

物干しやフラッグ掛けとしても使えるランタンスタンド

昼間の明るい時間帯はランタンスタンドを物掛けとして活用できます。

タオル上着などをかけたり、食器を乾かすためのドライネットを吊るしたりもできます。

自分達のキャンプスペースの目印に、オリジナルの看板やフラッグを掛けてみてもいいですよね。

ランタンスタンドはキャンパー愛用の人気アイテムになっています。

 

打ち込み式ランタンスタンドがおすすめな理由

打込み式(1本足)のランタンスタンドをおすすめする理由を解説します。

初心者や子ども連れでも安心

1本足の打ち込み式のランタンスタンドは、3本足のものに比べて簡単に設置することができます

本体を地面に打ち込むだけなので、アウトドア用品の扱いに不安がある初心者にも安心して使用できます。

ペグやハンマーなど特別な道具を必要としないものも多く、持ち物を減らすことができるのもおすすめのポイントです。

また、1本足なので足元がすっきりしているので、足を引っかけてしまう心配もありません。

特に燃料系のランタンを吊るす場合は、足を引っかけてランタンスタンドを倒してしまうことで火事の原因にもなります。

1本足の打ち込み式ランタンスタンドならそのような心配がいりません。

子どもが走り回っている場合でも安心して使用することができます。

子どもって広い空間にいると走り回りたがりませんか?

我が子も走り回って三脚式のスタンドの足に引っかかってランタンを倒してしまったことがありました。

LEDランタンだったので火事になることはなかったですが、もし倒したランタンが直撃していたら...とヒヤッとした経験があります。

子ども連れのキャンプは楽しい時間を過ごすためにも安全性を重視したいですよね。

場所や環境を選ばない汎用性の高さ

3本足のランタンスタンドは足を広げて設置するため、平地でしか使用できません。

1本足の打ち込み式ランタンスタンドなら、どのような地面でも本体を打ち込んで固定するので傾斜のある地面でも使用することができます。

また、足を広げるために広いスペースを確保する必要もないので、狭い場所でも設置することが可能です。

地面にしっかり打ち込むことで、耐風性が高くなることも大きな魅力ですね。

ある程度の風であればペグを使わなくても耐えることができるので、使用できる場面は多いと思います。

 

1本足の打ち込み式ランタンスタンドの仕組み

打ち込み式ランタンスタンドはメーカーによって若干ことなりますが、仕組みや構造はほぼ一緒です。

私も使用しているスノーピークのパイルドライバーを例に説明します。

 

引用元:楽天市場

スチールの棒の①の先端で②のパイプを介してスライドさせて③の底を地面にたたく。

とてもシンプルな構造でハンマーなどを用意する必要がありません。

 

一本足の打ち込み式ランタンスタンドの使い方

一本足の打ち込み式ランタンスタンドの使い方を私が使用しているスノーピークのパイルドライバーで説明します。

引用元:楽天市場

①2か所のネジを緩めます。

②片手で最上部を握り、もう一方の手で本体を固定します。

引用元:楽天市場

③最上部を握り上下にスライドさせて打ち込みます。

④打ち込み終わったらネジで高さを調整します。

引用元:楽天市場

⑤最上部を回してランタンの照らしたい方向を決め、ネジで固定します。

⑥フックにランタンを下げてセット完了です。

なんとなく下の方を握った方が力がかけられる気がしますが、そんなに力を入れる必要はいりません。

誤って指を挟んでしまうおそれがあるので必ず最上部を握りましょう。

打ちつける工程は単純作業なので、女性でも簡単に設置することができます。

地面が柔らかければ、小学生くらいの子どもにも扱えると思います。

私も小学生の娘と「どこがいいかな~?」とスタンドの場所決めを一緒に楽しんでます。

 

1本足打ち込み式のランタンスタンドのおすすめ商品

1本足の打ち込み式のランタンスタンドのおすすめ商品を紹介します。

スノーピーク パイルドライバー

引用元:楽天市場

私が今一番おすすめしている1本足の打ち込み式ランタンスタンドです。

ランタンハンガーもポール本体と一体化しているため、紛失する心配がないのもおすすめポイントです。

ユージャック ハンマーランタンスタンド

引用元:楽天市場

ステンレス製で本体に防錆用のオイルが塗布されているので、長時間雨に濡れても錆びにくいのが魅力です。

先端部分が非常に鋭利なので硬い地面にも打ち込みやすくなっています。

目安となるマーカーもついており打ち込み不十分によるグラつきや転倒の失敗がありません。

マグナ パイルドライバー

引用元:楽天市場

ランタンハンガーが2つ仕様の打ち込み式ランタンスタンドです。

オールステンレスなので雨にも強いのがおすすめポイントです。

収納袋も付属しているので、持ち運びにも便利ですよ。

ランタンスタンドは1本足打ち込み式がおすすめ!その理由を徹底解明:まとめ

まとめ

  • ランタンスタンドには三脚式打ち込み式クランプ式がある。
  • 1本足だと足元がすっきりしているので、足を引っかける心配がなく安心
  • 打ち込み式なら設置するために広い空間がいらない。
  • 地面にしっかり打ち込めば耐風性が高くなる。
  • メーカーによって若干ことなる場合があるが、仕組みと構造はほぼ一緒。
  • 女性や子どもでも簡単に打ち込むことができる。

私はスノーピークのパイルドライバーを愛用していますが、他にも魅力的なアイテムがあるので、是非使いやすい打ち込み式のランタンスタンドを見つけてみてください。

 

スポンサーリンク

-ランタンスタンド, 打ち込み

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5