YaeiWokres おすすめ クランプ テーブル ランタンスタンド

クランプ式ランタンスタンドって使いやすい?その理由を徹底解明!

クランプ式のランタンスタンドってどんなものがあるの?

おすすめのランタンスタンドを教えて!

その疑問を解決します。

ランタンをテーブルに置いたり、木やロープに吊り下げて使っている方もいらっしゃいますが、邪魔になったり、サイトに手軽にかけられる場所がなかったりした経験はないですか。

そんな時に、さっと取り出せてテーブルに取り付けられる「クランプ式ランタンスタンドがあると便利なんです。

でも、クランプ式ランタンスタンドを購入しようと探してみると、

  • 「種類がいっぱいあって選べない」
  • 「初めてでも失敗しないものが欲しい」
  • 「おすすめのアイテムを知りたい」

このように思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のためにこの記事では、

クランプ式ランタンスタンドの選ぶポイント

初心者向きのクランプ式ランタンスタンド

クランプ式ランタンスタンドのおすすめ商品

について紹介します。

 

クランプ式ランタンスタンドとは

クランプ式ランタンスタンドとは、テーブルや棚にクランプという金具を固定し、そこにポールを立てて使用するランタンスタンドのことです。

よく使うテーブルの近くを照らしたりテーブルの上を広く使うことができてとても便利なんです。

活動範囲が狭いソロキャンプの場合は、狭いテーブルにランタンを置くよりもランタンスタンドに吊るした方がテーブルの上を広く使うことができ、周囲を照らすのに十分な明かりを届けてくれます

また、ファミリーキャンプの場合でも食卓になるテーブルをおしゃれに照らしてくれます。

特に食事中の子どもの手元はしっかり照らしておきたいですよね。

大きいランタンスタンドの明かりだけで十分だろうと思っていたんですが、手元が暗い食べにくかったり、食事後は食べこぼしで大変なことになった経験があります。

そんな時にクランプ式ランタンスタンドをテーブルに取り付ければ、テーブルを広く使うことができ、近くから明るく照らすことができるので食事がしやすくなります

コンパクトに折りたためるクランプ式ランタンスタンドなら、荷物を小さくコンパクトにできるので、1つ持っておくととても便利ですよ。

 

クランプ式ランタンスタンドを選ぶポイント

クランプ式ランタンスタンドを選ぶポイントを詳しく紹介します。

高さ

クランプ式ランタンスタンドはテーブルに取り付けて使用するので、他のランタンスタンドに比べてやや低い90cmぐらいになっています。

ある程度の高さ調節ができる商品もありますが、自分が使いたいテーブルの高さと、ポールの長さを確認しておきましょう。

剛性、クランプの造り

クランプ部分の造りがしっかりしているのかが最も重要になります。

クランプ式ランタンスタンドは、テーブルとクランプに負荷が集中するので、ポールは軽量なものを用いているものが多く、他のタイプのランタンスタンドと比べると剛性も弱めとなっています。

LEDランタンならほとんどのものが問題なく使用できると思いますが、ガスや燃料系のランタンは重たいものが多いので、耐荷重性能も確認しておきましょう

対応可能なテーブル

テーブルに取り付けるときに一番トラブルになるのが「自分のテーブルにつけられなかった」というケースです。

テーブルのへりが特殊な形状だったり、天板が厚すぎてクランプに入らなかったりというパターンが多いので、使いたいテーブルとの相性重要です

軽量、コンパクト性、フォールディング性能

クランプ式ランタンスタンドの魅力の一つが、フォールディング性能です。

クランプ式ランタンスタンドは、組み立て式太さの違うポールが重なって収納でき、ほとんどものが約40cmの収納ケースに収まります。

ソロやツーリングキャンプでも持ち込める重量収納サイズものもがあるので、自分のキャンプスタイルに合わせて選びましょう。

 

初心者にもおすすめのクランプ式ランタンスタンドの特徴

慣れないうちでも失敗しにくいランタンスタンドは、クランプ式と打ち込み式が兼用になっているものがおすすめです。

キャンプスタイルが定まらないような状況でも、兼用できるものなら使わずに物置に埋もれてしまう危険も少なく、長く使うことができます。

せっかく購入したのに使わなくなるのはもったいないですよね。

クランプ式のランタンスタンドは、他のランタンスタンドよりもコンパクト軽量なものが多いので、いつでも使えるようにキャンプギアに忍ばせておくのも良いですよ。

 

クランプ式ランタンスタンドのおすすめ商品

おすすめのランタンスタンドを紹介します。

YaeiWokres(ヤエイワーカーズ)マルチツールスタンド

引用元:楽天市場

ヤエイワーカーズのランタンスタンドは、フック部分が2つあるのが特徴です。

ランタンを2つ吊り下げたり、ランタンとそれ以外のものを同時に吊り下げることができます。

高さは146cmですが、ポールが組み立て式なので、分割して低く設置することも可能です。

テーブル用としては高さがあり過ぎますが、付属のペグ地面に直接刺して設置することもできます

地面とテーブルの両方で使用でき、フックも2つあるので初心者でもとても便利で使いやすいのでおすすめです。

ヤエイワーカーズのランタンスタンドについて

Naturehike(ネイチャーハイク)ランタンスタンド

引用元:楽天市場

お手頃価格のキャンプギアで人気のネイチャーハイクのランタンスタンドは、コスパが高く手が出しやすい価格が魅力です

ソロキャンプでも使いやすいサイズ感で軽量コンパクトなのがポイントです。

別売のペグを購入すれば、打ち込み式としても使うことができるのも嬉しいですね。

ALDEBARAN(アルデバラン) エッジスタンド

引用元:楽天市場

おしゃれキャンパーに人気が高いクランプ式ランタンスタンドと言えば、アルデバランのエッジスタンドです。

純正のオプションのペグを使えば、そのまま地面に刺して使用することもできますよ。

他のクランプ式ランタンスタンドと比較すると値段が少し高いですがカスタムパーツの多さが魅力のランタンスタンドです。

FIELDOOR クランプ式コンパクトランタンスタンド

引用元:Amazon

FIELDOORのランタンスタンドは軽量でコンパクト、そして高さ調節ができるのが特徴です。

高さは91.5cmですが、ポールの下部分が地面に当たらなければ無段階で高さ調整をすることができます。

ポールにはショックコードが内蔵されているので、バラバラになることがなく持ち運びや収納しやすくなっています。

パーツを無くしてしまう心配がないので良いですね。

Hilander(ハイランダー)テーブル用ランタンスタンド

引用元:Amazon

ハイランダーのランタンスタンドは、耐荷重5kgと他のランタンスタンドより耐荷重量が高いのが特徴です。

収納時のサイズが約33.5cmとかなりコンパクトになります。

リュックに入れて持ち運ぶこともできるので、荷物を小さくしたい方におすすめです。

地面に当たらなければ無段階高さ調節ができ、厚さ5mm最大3.5cmのテーブルに対応できるのもこのランタンスタンドのおすすめポイントです。

ユージャック テーブルランタンスタンド

引用元:楽天市場

ユージャックのテーブルランタンスタンドは、パイルドライバーのように太さの違う3本のポール重なって収納されています

そのポールを伸ばし、蝶ネジで固定して使用するので、約45〜95cmまでの高さ調節が可能です。

ほとんどのクランプ式ランタンスタンドは約3cmほどの厚みが挟めるようになっています。

ですが、ユージャックのテーブルランタンスタンドはクランプ部分が大きいので、最大約7cmまで対応できるのが特徴です。

キャンプ道具で厚さ7cmの板などはあまりないと思いますが、いざという時に役立つかもしれませんね。

クランプ式ランタンスタンドって使いやすい?その理由を徹底解明!:まとめ

まとめ

  • クランプ式ランタンスタンドの選ぶポイントは、「高さ」「剛性」「クランプの対応可能なサイズ」「軽量、コンパクト性」の4つを確認しよう。
  • 初心者向きのクランプ式ランタンスタンドは、クランプ式と打ち込み式が兼用できるタイプがおすすめ。
  • 組み立てタイプは、ポールが分割できるので、高さ調節か可能で使いやすい
  • ショックコードが内蔵されているタイプはパーツバラバラにならないので、紛失が心配な方におすすめ

ランタンスタンドにはいろいろなタイプのものがありますが、簡易的一番軽量コンパクトになるのが、クランプ式ランタンスタンドの特徴です。

普段はランタンをテーブルに置いたり、テントに吊るしたりする方でも一本持っておくと便利なので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-YaeiWokres, おすすめ, クランプ, テーブル, ランタンスタンド

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5