ランタンスタンド 打ち込み 自作

お気に入りを作っちゃおう!ランタンスタンドを自作する方法

ランタンスタンドが自作できるって本当?だれか作り方を教えて~!

そのお悩みにお答えします。

キャンプでランタンを吊り下げるのに便利なキャンプギア、ランタンスタンド

メインランタンをキャンプサイトから離れた場所に設置したり、ランタン以外のキャンプギアを吊るすのにも役立つ便利なキャンプギアです。

そんなランタンスタンドが、手軽に自作できるって知っていましたか?

ホームセンターで購入できる材料だけで、キャンプ初心者でもランタンスタンドを作ることができるのです!

今回はキャンプで便利なギア、ランタンスタンドを自作する方法についてご紹介いたします。

 

ランタンスタンドについて

[出典引用:Amazon]

そもそもランタンスタンドってどんなキャンプギア?

ランタンスタンドはランタンを高い位置に吊るし、ランタンの明かりを効果的に広めるキャンプギアのこと。

ランタンスタンドは主に1本脚タイプ3本脚タイプがあります。

1本脚タイプ

地面に直に打ち込むので、多少の斜面でも安定して設置できる。

3本脚タイプ

脚部を開いて使用するので安定感があり、力を使わなくても簡単に設置できる。

今回自作するランタンスタンドは1本脚タイプの打ち込み式になります。

ランタンスタンドがあるのとないのとでは、キャンプサイトの明るさに大きく差がつきます。キャンプの際は、ぜひ準備しましょう。

 

ランタンスタンドを自作するメリット

ランタンスタンドはキャンプ用品店やネットなどで購入することができます

それでもランタンスタンドを自作するメリットは2つ!

  • コストが安く抑えられる
  • 手持ちのランタンに合ったものが作れる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

コストが安く抑えられる

ランタンスタンドを自作する一番大きなメリットとしては、材料費が安くコストが抑えられる事です。

構造がシンプルなので、自作に必要な部品も少なく済みます。

キャンプギアは種類が豊富にあり、全て揃えるとなると中々の費用がかかります

抑えられる費用は抑えて、他のキャンプギアに活用したいですよね。

ランタンスタンドを自作することで、他のキャンプギアに充てる予算を増やしましょう

手持ちのランタンに合ったものが作れる

もう一つの自作するメリットは、持ちのものに合ったサイズや好みの質感で作れるという点です。

ランタンは種類が豊富で、そのサイズ感やデザインに合わせたランタンスタンドを探し出すのは非常に大変です

一方で、手持ちのランタンに合ったランタンスタンドを自作すれば、サイズ感やデザインで迷う必要がなくなります

キャンプサイト全体の雰囲気やランタンに合ったデザインを選びたい方は、ランタンスタンドを自作する価値があります

オンリーワンのものが作れるのもDIYの醍醐味ですよね。

 

ランタンスタンドを作ってみよう!

ランタンスタンドを自作するメリットも知ったところで、いよいよランタンスタンドを作っていきましょう

材料

ロープ止め丸型 

太さ9㎜×長さ600㎜…1本

太さ9㎜×長さ900㎜…1本

Uボルト 10A…1個…

Uボルトプレート… 1個

蝶ネジ … 2個

S字フック…1個

ホームセンターで購入できるものだけで、簡単に自作できます!

お気に入りのカラーに塗装したい方は、一緒に塗装用スプレーなどを購入しておくと良いですよ。

ここからはランタンスタンドを作る工程を詳しくご紹介していきます。

①それぞれの材料をスプレーで塗装する

お気に入りのカラーに塗装する方は最初に塗装しておきましょう

塗装すると統一感が出て、一気に高見えしますよ。

②長い方(900㎜)のロープ止め丸型を地面に打ち込む

キャンプサイトでランタンスタンドを立てたい場所を決め、長い方(900㎜)のロープ止め丸型を地面に打ち込みます

地面の柔らかさにもよりますが、テントを立てるのに使用するペグハンマーを使用すると打ち込みやすくなります

打ち込む際に先のカバーを外すのを忘れないでくださいね

私のようにうっかり忘れると、スムーズに刺さらなくて困ったことになります。

③短い方(600㎜)のロープ止め丸型を②の輪っか部分に通す

ここで丸型の輪っか部分が生かされます。短い方(600㎜)のロープ止め丸型を輪っか部分に通すだけで、ランタンスタンドの長さを調整する部分ができあがります。

溶接やクギを打たずに繋げられるので、とても簡単です。

④Uボルトを当て、Uボルトプレートをはめ込み、蝶ネジで固定する

それぞれのロープ止め丸型を固定するため、ロープ止め丸型にUボルトを当て、Uボルトプレートをはめ込みます

このとき、地面に打ち込んだ長い方(900㎜)のロープ止め丸型側からUボルトを当てると固定しやすいですよ。

Uボルトプレートをはめ込んだら、蝶ネジで固定します。

蝶ネジは手で回すだけで簡単に止められるので、非常にお手軽。

⑤先端の輪っか部分にS字フックをかける

最後に短い方(600㎜)のロープ止め丸型の輪っか部分に、S字フックをかけるランタンスタンドの完成です。

詳しく説明するために工程を分けましたが、要約すると地面に刺して、繋ぐだけ!

今までDIYなどしたことがない人でも、簡単に自作できます!

少し上述しましたが、蝶ネジによって伸ばした状態短い状態で固定することができるので、ランタンスタンドの長さや高さを調節することも可能

ロープ止め丸型は鉄杭でできているので、強度もそこまで心配しなくても大丈夫です

動画で作り方を見たい方は、こちらも参考にしてください。

 

お気に入りを作っちゃおう!ランタンスタンドを自作する方法:まとめ

今回はランタンスタンドを簡単に自作する方法についてお伝えしました。

ポイント

ランタンスタンドはランタンを効果的に使う為、必須のキャンプギア

自作することで、お気に入りのランタンスタンドが手に入る

材料はホームセンターで簡単に手に入る

DIY初心者でも簡単にランタンスタンドは自作できる

ランタンスタンドはそのシンプルな構造から、初めて自作するにはもってこいのキャンプギアです。

特別な工具も不要なので、ぜひ皆さんもオリジナルのランタンスタンドを自作し、キャンプを楽しくお過ごしください

スポンサーリンク

-ランタンスタンド, 打ち込み, 自作

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5