LED ガス ガソリン テント内 ランタン 吊るす 灯油

キャンプで効果的に照らす!ランタンを吊り下げて使うポイントを解説

ランタンをキャンプで使いたいけど、どうやって置いたらいいんだろう?

そんなお悩みにお答えします!

キャンプにランタンを持っていったとき、ランタンをどこに置くか、どう吊るすか悩んだことはありませんか?

私は最初のころ、ランタンを地面に直に置いて使用していました。

しかしランタンがキャンプ全体を照らしきれておらず、暗いな…と

ランタンは上部から吊り下げることによって、その効果を十分に発揮できます。

でもどこに吊り下げればよいのか、位置をどこにすればよいかなどわかりにくいですよね

今回はランタンを吊り下げて使用する時のポイントやおすすめのキャンプギアをご紹介します。

 

ランタンの種類

ランタンは燃料によって「LEDランタン」、「ガスランタン」、「灯油ランタン」、「ガソリンランタン」と種類が分かれます。

LEDランタン

近年普及してきたLEDランタンはベテランキャンパーでも1つは持っていると言われるほど、人気のランタンです。

給電方法で電池型と充電型に分かれており、バッテリーの容量によってはスマホやタブレットの充電に使用することもでき、長時間使用可能なところも魅力的です。

スマホの充電ができるのは有難いですよね!キャンプだけでなく、災害用としても重宝します。

ボタン1つで明かりが付くなど操作が簡単であること、屋内や屋外を問わず使用できることから、初心者にオススメのランタンです。

ガスランタン

ガスを燃料としたランタンで、専用のガス缶を使用し、マントルという布を燃やして明かりを灯します。

一般的にLEDランタンよりも光量が大きいというのが特徴で、メインランタンとして使用されることが多いです。

可燃性のランタンでは比較的簡単に操作できますが、可燃性なので燃料の取り扱いには注意しましょう。

私は寒い時期に急にガスランタンが消えてしまい、不安な夜を過ごしたことがあります。

寒い場所ではガス缶が冷えて、灯りが消えてしまうこともあるので注意してください。

灯油ランタン(オイルランタン)

灯油やパラフィンオイルを燃料としたランタンです。ゆらゆらと揺れる炎がまるでキャンドルのようで、キャンプサイトの雰囲気をオシャレに演出してくれます

寒いときにはちょっとした暖房としても使え、ガソリンよりも値段が安いためランニングコストを抑えることができます。

一度操作に慣れてしまえば、点火もすぐできるようになりますが、芯の交換やホヤの煤のふき取りなど、メンテナンスが必要になります。

デザインがおしゃれなものが多いので、選ぶのも楽しいですよ。

ガソリンランタン

ガソリンを燃料としたランタンで、長年キャンパーに愛されてきたランタンです。

他の3種類と比べ、最も光量が大きいのが特徴で、冬場でも安定した火力を維持することができます。

ガソリンランタンは使用する際にポンピングという空気を燃料に送り込み、ガソリンを気化させて光を安定させる作業があります。

ベテランキャンパーには味わいとして好まれる作業でもありますが、キャンプ初心者には少しハードルが高いかもしれません。

キャンプに慣れてきて、より楽しみたい本格的なキャンプがしたいという方は購入を検討してみてください。

 

ランタンの配置場所

キャンプにおけるランタンは役割によって次の3つにわけられます。

  • メインランタン
  • テーブルランタン
  • テント内ランタン

それぞれ必要な明るさや配置場所にポイントがあります。

メインランタン

キャンプサイト全体を明るく照らしてくれるランタン。

ガソリンランタンやガスランタンなどの光量の大きいランタンを置きましょう。明るさの目安として1000lm以上(80W以上)がおすすめです。

また、メインランタンにはその明るさから、虫を寄せ付ける役割もあります。テーブルや食事に虫が近づいてはいけないため、メインランタンはキャンプサイトの端の高い位置に配置しましょう。

メインランタンとしておすすめのランタンはこちら。

Coleman(コールマン) ノーススター チューブマントルランタン 2000-750J

[出典引用:Amazon]

こちらのガソリンランタンは乾電池を使用した自動着火装置が搭載されています!

不器用な私でもダイヤル調整で簡単&安全に着火することができます

光量も3300lm以上と非常にハイパワーで、メインランタンとして申し分ない明るさです。

テーブルランタン

その名の通り、テーブル周辺で使用するランタンのことです。サブランタンと呼ばれることもあります。

食事や調理をする際に手元などを明るく照らすためのランタンですが、あまり明るいと虫が寄ってきてしまいます。灯油ランタンやLEDランタンなど、あまり明るすぎないものを選びましょう。

明るさの目安として300~700lm(60W以下)がおすすめです。

テーブルランタンはキャンプサイト内に影を作らないよう、メインランタンの対称に当たる位置に配置しましょう。

吊り下げて使用する場合、可燃性ランタンでは上部のタープを燃やしてしまう危険性があります。安全なLEDランタンを使用しましょう。

また、メインランタンは一つで十分ですが、テーブルランタンはテーブルの上だけでなく、調理する場所の上部に配置するなど複数持っていると便利ですよ。

テーブルランタンはキャンプサイトの雰囲気を左右するランタンでもあります。お気に入りのデザインを選んでキャンプサイトを演出するのも醍醐味の一つですよ。

私はデザインで一目ぼれしたこちらのランタンを使用しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)  CSオイルランタン

[出典引用:Amazon]

ハリケーンランタンと呼ばれる、暴風の中でも明かりを灯し続けてくれるオイルランタンです。

キャンプをはじめた頃は可燃性のランタンに怖気づいていた私ですが、デザインがあまりにおしゃれだったのと、お値段もお手頃だったため思い切って購入しました。

使い始めてみると、操作はオイルを注いで芯に着火するだけと非常に簡単で、問題なく使用できています。

ほんのり暖かくやわらかい灯りで癒されますよ。

テント内ランタン

着替えや就寝準備をするときにテント内を照らしてくれるランタンです。

屋内なのであまり明るくなく、眩しすぎないものを選びましょう。

明るさの目安として150~300lm(20~30W)がおすすめです。

テント内ではテント内全体を照らすために、テント中心の上部にランタンを配置しましょう。

また、テント内で可燃性のランタンを使用すると一酸化炭素中毒火事になる可能性があります。安全の為に、LEDランタンを使用しましょう。

テント内ランタンでおすすめのランタンはこちら。

ルーメナー(LUMENA) ルーメナープラス

[出典引用:Amazon]

圧倒的な光量機能性で話題となった「LUMENA」のLEDランタンです。

最大光量が1800㏐というLEDランタンではトップクラスの明るさも魅力ですが、最大のメリットはコンパクトであること

キャンプギアをいかに軽量化するかが重要になるキャンプにおいて、このランタンはスマホとあまり変わらない位コンパクト、かつ軽量で持ち運びしやすいのが大きなメリットです。

また、モバイルバッテリー機能も搭載されており、スマホを3回以上フル充電することもできます。キャンプ用だけでなく災害用としてもおすすめのランタンです。

吊り下げるのに便利なおすすめキャンプギア

吊り下げるのに必要なキャンプギアはあるの?

ランタンを吊り下げるのにいくつかおすすめのキャンプギアがあります。

  • ランタンスタンド
  • ランタンハンガー
  • マグネットフック

メインランタンなどキャンプサイトから離れた場所にランタンを設置する際に便利なキャンプギアです。

主に1本脚タイプ3本脚タイプがあります。

ランタンスタンド

1本脚タイプ

地面に直に打ち込んで使用するので、多少の斜面でも安定して設置できる。

3本脚タイプ

脚部を開いて使用するので安定感があり、力を使わなくても簡単に設置できる。

ランタンスタンドは、使用するランタンの重さに耐えられるものを選ばなければなりません。

ランタンだけでなく荷物をかけたりするのであれば、耐荷重の大きなランタンスタンドを選ぶと便利ですよ。

私がおすすめするランタンスタンドはこちらです。

EC Outdoor ランタンスタンド‎MA090

[出典引用:Amazon]

耐久性に優れた鋳鉄製で、最大耐荷重8kg大きめサイズのランタンにも対応可能なランタンスタンドです。

吊り下げる箇所が2ヶ所あり、幅広い使い方ができます

また、1本脚タイプのスタンドで、足を引っ掻けることなく使用できるのもおすすめのポイントです。

ランタンハンガー

テーブルランタンなどのサブランタンをテントやタープのポールに固定して使う際に便利なキャンプギアです。

主にクリップタイプ巻き付けタイプがあります。

ランタンハンガー

クリップタイプ

キャンプサイトのポールに挟むだけなので、手軽に設置できる。

巻き付けタイプ

片側をポールに巻き付けて固定する。重たいものを掛けるとテコの原理で固定力が高まり、安定する。

ランタンハンガーと比べると安価で手に入るため、予算内で複数個揃えることができます。

私が使用しているのはこちらです。

ロゴス(LOGOS) ランタンパーツ ランタンフック

[出典引用:Amazon]

直径19~22mmのポールに取り付け可能な、巻き付けタイプのランタンハンガーです。テコの原理で確実に固定でき、ランタンだけでなく鍋や食器、袋などを吊り下げて使用することができます。

ステンレス製で耐久性が高くとても軽いので持ち運びもしやすい、おすすめのキャンプギアです。

マグネットフック

テント内やサブランタンを吊るす際に便利なキャンプギアです。

ステンレス素材のポールなどはそのまま装着することができ、テント内では強力磁石でテントを挟むことにで、簡単に吊り下げポイントを作れます

気を付けたいのは、小さいお子様でも比較的簡単に取り外しできるので、誤飲を防ぐためにもお子様の手が届かないところに保管・設置するようにしてください。

私がおすすめするマグネットフックはこちらです。

マグネットフック カラビナ 5個セット

[出典引用:Yahooショッピング]

垂直で最大22㎏、水平で最大4.4㎏の重量に耐えられる強力なマグネットフックです。

カラビナタイプのフックなので誤って落ちてしまう心配がありません、。テンレス製で錆びにくいので、屋外でも気兼ねなく使用できますよ。

テント内で磁石と挟んで使用する際、そのまま引っ張るとテントが破れてしまいます

実際、私はテントに小さな穴を開けてしまいました。

テントを挟んで使用する際はご注意ください。

キャンプで効果的に照らす!ランタンを吊り下げて使うポイントを解説:まとめ

今回はランタンを吊り下げる配置場所などのポイントについておすすめキャンプギアとともにご紹介しました。

ポイント

ランタンは上部から吊り下げることでより広く明るく照らすことができる。

テント内では安全のためにもLEDランタンがおすすめ。

ランタンの配置場所によって吊り下げるキャンプギアが変わる。

キャンプでランタンをより便利に、より効果的に使うために吊り下げ用のキャンプギアは必須です。

ご自身の予算やキャンプスタイルに合わせて、今回の記事を参考にキャンプを楽しんでください。

 

スポンサーリンク

-LED, ガス, ガソリン, テント内, ランタン, 吊るす, 灯油

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5