ガソリン ランタン 自作

【キャンプDIY】ガソリンランタンのリフレクターを自作しよう!

ガソリンランタンをもっと明るく使いたい! 役立つアイテムがあったら教えて!

そんなお悩みを解決致します。

キャンプに欠かせないキャンプギアであるランタン

中でもガソリンランタンは、長年キャンパーに愛されている王道のランタンです。

そのガソリンランタンの効果を、最大限まで引き出してくれるのがリフレクターです。

実はこのリフレクター、簡単に自作できるってご存じでしたか?

特に難しい作業も無く、キャンプ初心者やDIY初心者でも自作しやすいアイテムなんです。

私もキャンプで自作したリフレクターを使用していますが、キャンプサイトがとても明るくなり、便利ですよ。

今回はガソリンランタンをより明るくするリフレクターの自作方法についてお伝えいたします。

 

ガソリンランタンの特徴

ガソリンランタンについて詳しく教えて!

ガソリンランタンはホワイトガソリンが主な燃料のランタンを指します。

ガソリンランタンの特徴は大きく3つあります。

寒さに強く、安定している

ガソリンランタンの燃料であるホワイトガソリンはガスと比べて引火点が低いです。

その為、冬場の寒い時期でも安定して光量をキープしてくれます

季節を問わずに役立つ、頼もしいランタンですね。

コスパが良い

ガソリンランタンは最大燃焼時間が10時間と長い為、燃料の補給が少なくて済みます。

また、車に使用するレギュラーガソリンを併用できるタイプもあり、レギュラーガソリンを使用するとより燃料コストが減ります

レギュラーガソリンが併用できるタイプ以外は、ホワイトガソリンを使用しましょう。

間違うと故障の原因になりますので、気を付けて下さいね。

圧倒的な明るさ

ガソリンランタンの最大の特徴はその圧倒的な明るさです。

他のランタンと比べて光量が大きい為、メインランタンとして役立ちます。

あまりの明るさに直視すると目がチカチカしてしまう程。

その明るさから、虫を引き寄せる役割もあります。

ガソリンランタンはキャンプサイトの端に寄せて、虫をキャンプサイトの中心から遠ざけましょう

 

リフレクターについて

[出典引用:Amazon]

そもそもリフレクターって何?

リフレクターとは反射板の事です。別名、遮光板ともいいます。

リフレクターをランタン本体に取り付ける事で、照らす方向を定める事が可能

リフレクターのタイプは大きく2つあります。

傘タイプ

上方向の明かりを遮断して、眩しさを軽減しながらランタン下部に光を当てるタイプです。

取り付けもランタン本体上部からかぶせるだけと非常に簡単。

主にテーブル上にランタンを置く際に向いています。

側面タイプ

ランタン本体の側面に付けるタイプのリフレクターです。

側面を覆うので、1方向に光を集めたい場合に役立ちます

こちらも本体上部のポールナットに取り付けるだけと非常に簡単に使用できます。

今回はこちらの側面タイプを自作します。

各リフレクターの特徴を理解し、照らしたい方向に合わせてリフレクターを選びましょう

 

ガソリンランタンにリフレクターを取り付けるメリット

何でガソリンランタンにリフレクターを付けると良いの?

ガソリンランタンにリフレクターを取り付けるメリットは大きく2つあります。

  • 自分のキャンプサイトを明るくする
  • 他キャンプサイトに迷惑をかけない

1つずつ見ていきましょう。

自分のキャンプサイトを明るくする

リフレクターを使用する目的はほとんどこれではないでしょうか。

ガソリンランタンは元々明るいランタンですが、リフレクターを使う事でより明るくなります

自然の夜は本当に暗いので、明るいに越したことはないですよね。

他キャンプサイトに迷惑をかけない

これも大きなポイントの1つです。

ガソリンランタンはその明るさゆえ、配置する場所によっては隣のキャンプサイトまで照らしてしまいます

隣も明るくして何が駄目なの?

そう思われる方もいるかもしれませんが、ガソリンランタンは自然の中では眩しいくらいなんですよね。

隣のキャンプサイトの人がちょっと暗めにしてリラックスタイムを演出していたら、ガソリンランタンの明かりが邪魔になってしまいます

リフレクターを使用して、明るくする方向を自分のキャンプサイトだけにすれば迷惑になる事はありません。

周囲に配慮してキャンプする事で、お互いが気持ちよく過ごせます。

何事も、周囲を気遣う気持ちが大切ですね。

 

やってみよう!リフレクターを自作する手順

ガソリンランタンにリフレクターを取り付けるメリットを知った所で、いよいよリフレクターを自作する手順をご紹介いたします。

今回はコールマンのツーマントルランタン290Aに合わせて自作していきます。

まず必要な材料はこちら。

必要な材料メモ

  • アルミ板 15㎝以上×30㎝×厚さ0.5㎜程度 1枚
  • 曲げ板ニッケルメッキ 30㎝×幅15㎜×穴7㎜ 1本
  • ネジセット 7㎜の穴に使用できる短いサイズのセット 最低2つ
  • 金のこぎりもしくはカッター 1つ
  • 電動ドリルもしくはドライバー 1つ
  • 紙やすり 1枚

これらはホームセンターですぐに手に入る物ばかりです。

素材だけの材料費でしたら、1000円もいかない位で収まります。

安く手に入るのが自作のメリットですよね。

リフレクターを作る手順はこちら。

①曲げ板を90度に曲げる

ランタン上部のポールナットから側面までの距離を測り、その長さで曲げ板を曲げます

木の板やテーブル等に沿わせて体重をかけながら手で押すと、意外と簡単に曲がりますよ。

②アルミ板をカットする

アルミ板の高さを15㎝に合わせて金のこぎりもしくはカッターでカットします。

アルミ板の4隅をカットすると見栄えが良くなりますよ。

カットした後は紙やすりで角を落としましょう。意外と重要な作業なので忘れないように気を付けてください。

③アルミ板の中心に穴を空ける

加工したアルミ板と曲げ板をネジで留める為に、穴を空けていきます。

アルミ板の中心に曲げ板を合わせ、アルミ板に印を入れてから穴を空けます

電動ドリルを使うと非常に楽チンですが、アルミ板が薄いのでドライバーでも穴は空けられます

私はホームセンターで購入した後、その店舗のDIYコーナーを利用しています。

家に工具や場所が無い場合は、ホームセンターを利用してみるのも良いですよ

④アルミ板に曲げ板を繋げて完成

穴が空いた所に曲げ板をあて、ネジで留めたら完成です。

この方法でしたら工程も少なく時間もあまりかけずにリフレクターを自作することが出来ます。

ガソリンランタンのリフレクターは意外と簡単に自作出来るんです

こちらの動画でもリフレクターの作成手順が確認できますので、是非参考にしてください。

 

【キャンプDIY】ガソリンランタンのリフレクターを自作しよう:まとめ

今回はキャンプサイトを明るく快適にする、ガソリンランタンのリフレクターを自作する方法についてお伝えしました。

今回の記事のポイント

  • ガソリンランタンは明るくて、隣のキャンプサイトも照らす。
  • リフレクターは光の照らす方向を調整してくれる。
  • ガソリンランタンのリフレクターは意外と簡単に自作できる
  • 周囲に優しいキャンパーになろう

ガソリンランタンにリフレクターを付けると、かなり明るさに違いを感じます

実際に私も使用してみた所、改めてガソリンランタンの明るさに驚きました。

側面タイプのリフレクターは、現在コールマン公式では販売していません

材料も少なく自作できるので、ガソリンランタンをお持ちの方には是非リフレクターを自作してみてほしいです。

周囲に優しくし、気持ちよくキャンプを楽しみましょう。

スポンサーリンク

-ガソリン, ランタン, 自作

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5