LED ガス ガソリン ランタン 明るい

キャンプで使うランタンに必要な明るさは?明るさ別の厳選商品紹介!

キャンプで使うランタンの明るさはどれくらい必要なの?

今回はこんな疑問にお応えします。

キャンプの夜を明るく照らしてくれるアイテム「ランタン」。

雰囲気も演出してくれるし料理をするときにも手元を照らしてくれ、とても便利ですよね。

でも、結局どれくらいの明るさのものを購入すればいいか分からない。

こんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

ランタンは使用目的や設置場所によって必要な明るさが変わります

私は過去に適当にランタンを選んでしまい、明るさが足りなかった経験があります。

せっかくの楽しい夜にそんな残念な想いはしたくないですよね。

この記事を読めば、使用目的に合った必要な明るさが分かるので最適なランタンを選べるようになりますよ。

 

ランタンの使用目的や役割

まずは「メインランタン」「テーブルランタン」「テントランタン」それぞれの使用目的を詳しく解説していきます。

メインランタン

キャンプサイト全体を照らすランタンです。

主にランタンスタンドやポールに吊るして使用します。

全体を照らすために光量の大きいものを選びましょう。

ワンポイント

オススメはガソリン・ガスランタンですが、最近では光量の大きいLEDランタンも出てきているのでそちらを使うキャンパーも増えています。

テーブルランタン

テーブルの上に置いて、料理や食事など作業をするときに手元を照らすランタンです。

メインランタンほどの大きな光量は必要ありません。

オススメは手軽に使えるガス・LEDランタンです。

ガスランタンは炎の揺らぎを感じながら友達と食事を楽しめます。

またLEDランタンは燃料を使わない分、作業中に倒しても安全なのでどちらもオススメですよ。

テントランタン

就寝前の時間や雨天時にテントに吊るして使うランタンです。

こちらはそこまで光量の大きいものは必要ありません。

テントランタンに使用するのなら、火を使わなくて安全なLEDランタン一択です。

注意ポイント

ガス・ガソリンランタンだと火事や一酸化炭素中毒の恐れがあるため、絶対に使用しないで下さいね。

 

明るさの単位とは

次に明るさの単位について解説していきます。

明るさの単位にはルーメン(㏐)が使われます。

ルーメンとは厳密に言うと、光源がすべての方向に放射する光の量の値を示すものです。

この値が大きいほど明るくなります。

ワットとの違い

ルーメンは明るさの単位ですが、ワットは電球の明るさを表す単位ではありません。

ワットは消費電力の大きさを表すものです。

ルーメンとワットの関係は次のようになっています。

ルーメンとワットの関係

  • 20W→170ルーメン以上
  • 30W→325ルーメン以上
  • 40W→485ルーメン以上
  • 50W→640ルーメン以上
  • 60W→810ルーメン以上
  • 80W→1160ルーメン以上
  • 100W→1520ルーメン以上

キャンドルパワーとは

ワットのほかに、キャンドルパワー(CP)という明るさの単位もあります。

ロウソク1本分の明かりを1キャンドルパワーとしたものです。

ポイント

ワットかキャンドルパワーどちらかしか記載がない場合はおおよその数値ですが、ワット=(キャンドルパワー+28)÷1.7で計算することができます。

大体100W=120CPになりますね。

役割別の必要な光量

それぞれの目的によって必要な明るさは異なります

ただ明るければよいというわけでもありません

例えばテントランタンにメインランタンと同程度の明るさのランタンを使用すれば、テント内でゆっくり過ごすどころか眩し過ぎて目がチカチカする…

という事態になりかねません。

必ず目的に応じたランタンを選びましょう。

目的別!必要な明るさ

  • メインランタン→1000lm・80~100W
  • テーブルランタン→150~300lm・20~30W
  • テントランタン→100~150lm

光量を調節できる機能がついたLEDランタンなら、一台でさまざまな役割を果たしてくれますよ。

 

オススメの商品

では実際にオススメの商品を使用目的ごとに紹介していきます。

メインランタンのオススメ

2500 ノーススターLPガスランタン

引用:amazon公式HP

320キャンドルパワーの大光量によってキャンプサイト全体を照らします。

内蔵の点火装置によって、着火も簡単です。

機械の操作が苦手な友人でも簡単に扱えていましたよ。

コールマン ワンマントルランタン

引用:amazon公式HP

明るさ130W相当のホワイトガソリンランタン。

2010年度にはロングライフデザイン賞を受賞しています。

デザイン重視な方はオススメの1台です。

プリズム クレイモア 3フェイス+

引用:amazon公式HP

驚異の最大5000ルーメン。

夜中でも昼間のような明るさです。

注意ポイント

光量を大きくしすぎると、目が痛くなるので注意してくださいね。

テーブルランタンのオススメ

バルミューダ ザランタン

引用:amazon公式HP

最大約195lmで、ゆらぎのある光・暖色光・白色光と3つの光を楽しめます。

デザインがとてもオシャレで大人な雰囲気のランタンです。

私はインテリアとして使っていますが、とても落ち着いた雰囲気で満足しています。

スノーピーク ギガパワーランタン 天 オート

引用:amazon公式HP

最高出力は80W相当。

スノーピークから初めて出されたランタンです。

片手で収まるサイズなので場所を取らず作業をするときに便利ですよ。

テントランタンのオススメ

スノーピーク ほおずき

引用:amazon公式HP

最大約100lm。

風が吹くと揺らぎ、辺りが静かになると明かりが消えるランタン。

まるで自然と一体化した気分になれちゃいます。

付属のコードは長さが調節でき、とても便利です。

ベアボーンズ ビーコンライトLED

引用:amazon公式HP

明るさ30~220lm

Lowパワーでは最大200時間の連続点灯が可能です。

シンプルな色づかいがオシャレなランタン。

上部のフックでテント内に吊るすことができます。

私は木やポールに吊るしても使いますが、すごく良い雰囲気ですよ。

キャンプで使うランタンに必要な明るさは?明るさ別の厳選商品紹介!まとめ

今回はキャンプで使うランタンに必要な明るさについて解説してきました。

参考

  • ランタンは使用目的や設置場所によって、必要な明るさが異なる。
  • 明るさの単位にはルーメン(lm)が使われる。
  • ルーメンは明るさの単位、ワットは消費電力。
  • テントランタンにはLEDタイプを使用する。

購入前に使用目的と合うか、しっかり確認しましょう。

複数台購入してシーン別に使い分けるととても楽しいですよ。

光量の大きいランタンを使用するときは周りに迷惑がかからないように配慮しましょうね。

 

スポンサーリンク

-LED, ガス, ガソリン, ランタン, 明るい

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5