オイルランタン 灯油

簡単!オイルランタンの芯の交換方法!芯の代用も合わせてご紹介

オイルランタンの火がすぐ消えるようになった!芯が焦げてしまって火がつかない!どうしたらいいの?

そんな疑問を解決します。

夜のキャンプに無くてはならないキャンプギアのランタン。近年では操作の手軽さや明るさの調整のしやすさからLEDランタンが主流となっています。

しかしそんな中、根強い人気を持つのがオイルランタンです。

柔らかな炎の揺らめきに癒されたり、レトロなデザインでキャンプサイトの雰囲気をオシャレに演出してくれます。

人気のオイルランタンですが、何回か使用していくと、火がすぐ消えるようになったり、芯が焦げてしまったり等、トラブルが起きることがあります。

実は芯を交換するだけで解決することもありますよ。

今回はそんなよくあるオイルランタンのトラブルを解決方法の1つ、芯の交換方法と芯の代用についてまとめていきます。

 

オイルランタンとは?

[出典引用:Amazon]

そもそもオイルランタンってどういうランタンのこと?

オイルランタンとは、灯油やパラフィンオイルなど液体燃料を使って明かりを灯すランタンのことです。

1度給油すると7時間くらい燃焼することができ、灯油など燃料が安く手に入るためコスパが良いのが特徴です。

また、灯りとしてだけでなく、寒い季節にちょっとした暖房としても使えます。

心地よい揺れの炎を見ているだけで癒されますよ。

 

オイルランタンの種類について

[出典引用:Amazon]

オイルランタンって全部に芯がついてるの?

実は全てのオイルランタンに芯が使われているわけではありません。

灯油ランタンには加圧式非加圧式の2種類があります。

  • 加圧式=燃料タンクに圧力をかけ、オイルをガス状にして眩しい光を放つ。
  • 非加圧式=芯を伝ってオイルに火をつけ、空気の循環により優しい炎が灯り続ける。

加圧式では使用前にポンピング空焚きといった作業が必要になりますが、非加圧式ですと芯に着火するだけで手軽に使用することができます。

なので、メンテナンスとして芯の交換が必要なのは、非加圧式のオイルランタンということになります。

 

オイルランタンの芯の種類

オイルランタンの芯なんてみんな同じじゃないの?

オイルランタンの芯にも様々な種類やサイズがあります。

芯の素材や形での違い

オイルランタンの芯の素材には主に綿(コットン)が使用されています。

グラスファイバーを使用している芯もありますが、ランタンではなくオイルランプに使用されることが多いです。

芯の形では平芯丸芯があります。オイルランタンでは主に平芯が使われており、先の部分をカットすると炎の形を変えて楽しむことができます。

芯のサイズ

平芯では主に12㎜(4分芯)、15㎜(5分芯)、21㎜(7分芯)のサイズがあります。

芯の幅が大きいとその分だけ炎が大きくなり、より明るくなります

ですが、ランタンの芯を装着する部分に合うサイズでないと、そもそも使用することができません

芯を交換する前には必ずサイズを確認しましょう。

 

オイルランタンの芯の交換方法

[出典引用:Amazon]

オイルランタンや芯について詳しく説明してきました。いよいよ芯の交換方法をご紹介いたします。

芯の交換方法

  1. 新しく交換する芯を準備する
  2. ランタンの風防を倒し、古くなった芯を取り外す
  3. 新しい芯をカバーに取り付け、本体に装着する

たった3ステップで完了です。では1つずつ詳しくみていきましょう。

新しく交換する芯を準備する

新しく取り換える芯は、ランタンの幅に合わせたものを選び、ロールタイプは長さを15cm〜25cm程度にカットしましょう。

オイルランタン替え芯13㎜×4.5m

[出典引用:Amazon]

オイルランタンの芯は使っていく内に燃焼し、短くなっていきます。

短くなり過ぎてしまうとオイルを吸い上げることができず、火がすぐ消えるようになるため、短く切りすぎないように気を付けましょう。

カット済みの芯だと手間が省けて、より簡単に交換することが出来ます。

ペトロマックス フュアハンドウィック(5本入り

[出典引用:Amazon]

古くなった芯を取り外す

まず古くなった芯を取り外すために、オイルランタンの風防を持ち上げ、倒します

[出典引用:Amazon]

次に、燃焼ハンドルを横に回して芯のカバーを持ち上げ、取り外します

[出典引用:Amazon]

後は芯を固定しているハンドルを回し、芯をバーナーから取り外します

新しい芯を装着する

古い芯を取り外したら新しい芯を装着します。芯は下側から入れるとスムーズに装着することができます

[出典引用:楽天市場]

ポイント

芯の先を出しすぎると先が炭化してしまい、燃焼不全になることがあります。

芯の先は1~2㎜出す程度にしておきましょう。

芯を入れたら芯を固定していたハンドルを回して芯を嚙ませます取り外しと逆の手順で本体に装着したら完了です

あとは、次回使用までに芯にオイルが染み渡るように、タンクにオイルを入れておきます。

 芯の燃え尽きを防ぐためにも1~2時間ほど放置しておくと良いですよ。

 

オイルランタンの芯の代用

[出典引用:楽天市場]

オイルランタンの芯をすぐ交換したいけど、何か代用できるものはないの?

オイルランタンの芯のほとんどは素材に綿(コットン)を使用しています。

そのため、綿100%の布地などで代用することが可能です。

他の素材だと、カーボンフェルトに変えるということもできます。

メモ

カーボンフェルトは燃えにくい素材、かつオイルをしっかり吸い上げてくれることから、芯の手入れを減らす為にあえてカーボンフェルトに変えているキャンパーもいます。

代用できる素材を知っておくと、突然火が消えてしまったけど替えの芯がない等、いざというときに役立ちますよ

 

簡単!オイルランタンの芯の交換方法!芯の代用も合わせてご紹介:まとめ

[出典引用:Amazon]

今回はオイルランタンの芯の交換方法や芯の代用についてまとめてみました。

まとめポイント

  • 芯の交換が必要なのは非加圧式のオイルランタン
  • 芯を交換する前にはサイズを確認が必要
  • 芯が短いとオイルを吸い上げず、火が消えてしまう
  • 芯の先は出しすぎると炭化してしまう
  • 芯は綿100%の生地やカーボンフェルトで代用可能

オイルランタンの芯は意外と簡単に交換することができます。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

-オイルランタン, 灯油

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5