LED オイル ガス ガソリン ランタン 明るい

人気のランタンから話題のランタンまで!最強に明るいランタン4選

とにかく明るいランタンが欲しい! 最強に明るいランタンを教えて!

そんなお悩みにお答えします。

暗い夜のキャンプサイトを明るく照らしてくれるランタン

その中でも最強に明るいランタンを選んでおけば、「暗すぎて何も見えない・・・」なんてトラブルも起きずに済みますよね。

私も初めてのキャンプで「もっとランタンが明るければ・・・」と失敗したことがあります。

今回はランタンの中でも最強に明るいランタンを厳選し、4つご紹介していきます。

話題のランタンもご紹介するのでぜひ最後までみてください。

 

まずはランタンの種類を知っておく

[出典引用:Amazon]

ランタンって色んな種類があるけどどれが明るいランタンなの?

ランタンは燃料によって大きく分けると4種類あります。

それぞれ使用方法なども異なるため、まずは各種類の特徴について知っておきましょう

ガスランタン

OD缶やCB缶などのガス缶が燃料のランタンです。

その他の可燃性ランタンと比べて、使用前の準備が少なく扱いやすいランタンです。ガス缶をランタンに設置し、ボタン一つで着火することができます。

燃料コスト自体は他の可燃性ランタンよりも高めですが、他のキャンプギアと燃料を合わせることでランニングコストを抑えることができます。

ガスランタンは燃焼時間が短いのが一般的なので予備のガス缶を忘れないようにしましょう。

オイル(灯油)ランタン

オイル(灯油)が燃料のランタンです。

明るさは控えめなものが多いですが、暖かみのある炎の揺らぎには癒し効果があります。

またガソリンなどと比べて燃料が比較的安く手に入るのも嬉しいポイントです。

デザイン性が高いランタンが多く、キャンプをオシャレに演出してくれます。

LEDランタン

LED電球が光源のランタンです。

可燃性ランタンとは違い、事前準備が不要なことや、火を使わないので安全に使用できることが特徴です。

光量が少ないと言われることが多かったのですが、最近は光量の大きいランタンも増えてきました

可燃性ランタンと比べても軽量化したモデルなどもあり、持ち運びがしやすいのも人気の理由です。

小まめなメンテナンスが不要なのもズボラな私には嬉しいポイントです。

ガソリンランタン

ホワイトガソリンが燃料のランタンです。

光量が大きく広範囲を照らせるのが特徴です。

他の可燃性ランタンと比べて寒い環境にも強く、火力が安定しています。

火をつけるまでにしっかりとした知識が必要ですが、耐久性が高く、長く使い続けられるので、ベテランキャンパーに愛され続けているランタンです。

ホワイトガソリンは車に使われるレギュラーガソリンとは別物なので間違えないよう注意しましょう。

 

とにかく明るいランタンの配置場所

[出典引用:Amazon]

とにかく明るいランタンはどこに置くの?キャンプサイトのど真ん中?

キャンプの際にランタンを配置するべき場所は主に3箇所あります。

  • キャンプサイト全体を明るく照らしてくれるメインランタン
  • 料理など卓上にあるものを照らしてくれるテーブルランタン
  • テント内を照らしてくれるテント内ランタン

それぞれの用途に適したランタンを選ぶことが大切です。

とにかく明るいランタンが必要なのはメインランタンです。

キャンプサイト全体を照らすため、光量の大きいランタンが必要になります。

また、メインランタンにはその明るさによって、虫を引き付ける役割もあります。

暗い中では明るいところに虫が寄ってくるので、メインランタンはキャンプサイトの端に設置しましょう

 

最強に明るいランタンの基準

メインランタンが光量の大きい明るいランタンが必要なことは分かったけど、そもそもどのくらい明るいのが必要なの?

そんな疑問持たれた方もおられると思います。

ランタンの明るさは主にルーメンで表されます。

メインランタン=1,000ルーメン以上

テーブルランタン=150~400ルーメン

テント内ランタン=100~200ルーメン

上記の値を参考にして、メインランタンにふさわしい明るいランタンを選んでいきましょう。

明るさの単位についてはこちらの記事も参考にしてください。↓

 

最強に明るいランタンおすすめ4選

ランタンの種類や配置場所などを知れたところで、メインランタンにぴったりの最強に明るい、キャンパーに人気のランタン話題のランタン4選をご紹介していきます。

Coleman(コールマン) ノーススター チューブマントルランタン2000-750J

[出典引用:Amazon]

コールマンのランタンでもトップクラスの明るさを誇るランタンです。

ホワイトガソリンが燃料のランタンで、最大光量が230Wあり、ルーメンに換算すると3,450ルーメンにもなります。

またポンピングなどの事前準備などの作業は必要ですが、自動着火装置が搭載されているため、キャンプ初心者でも扱いやすいガソリンランタンなのです。

メンテナンスをこまめにすることでとても長持ちし、重宝しますよ。

ペトロマックスHK500CP

[出典引用:Amazon]

ペトロマックスのハイパワー灯油ランタンです。

明るさが500キャンドルパワーとなっており、ワットに換算すると400W、ルーメンに換算すると6,322ルーメン相当もあるという驚異の明るさです。

本体はそれだけ明るく照らしてくれる分、結構良いお値段しますが、燃料は灯油で安く抑えられるため、長く利用していくとコスパの良いランタンといえそうです。

また1910年の創業当時から変わらないデザインに多くのキャンパーから絶大な支持を得ている歴史のあるランタンでもあります。

明るいながらも灯油ランタン特有の柔らかな灯りに癒されますよ。

ルーメナープラス

[出典引用:Amazon]

クラウドファンディングで一躍注目を浴びたルーメナーシリーズの中でも特に明るさとパワーが特徴的なLEDランタンです。

最大光量が1800ルーメンもあり、バッテリーが20,000mAhと非常にパワフルなのもポイントです。

何より他のランタンと比べて非常にコンパクトなので、持ち運びがしやすく、荷物もかさばらずに済みます。

4段階に明るさが調節できるのも嬉しいポイントです。

WAQ(ワック) LED LANTERN2

[出典引用:Amazon]

2021年11月に先行販売され、すぐ品切れとなった話題の新型LEDランタンです。

最大光量が1,650ルーメンあり、バッテリーも13,400mAhとパワフルなまま、急速充電対応のモバイルバッテリーとしての性能も搭載したのが人気のポイントです。

また防塵・防水機能IP67相当と高性能で、急な天候の変化にも耐えられます。

参考

防塵・防水機能は「IPコード」で表記されます。

「IP43」と2桁の数字で書かれ、前の数字が防塵機能、後ろの数字が防水機能を示しています。

また防塵のみなら「IP4X」、防水のみなら「IPX3」とXで表記されます

キャンプのような屋外で使用する場合は防塵機能が5以上、防水機能が4以上のものを選ぶといいですよ。

次回は2022年1月中旬に入荷予定だそうで、欲しい方はぜひチェックしてみてください。

人気のランタンから話題のランタンまで!最強に明るいランタン4選:まとめ

今回は最強に明るいランタンについてご紹介しました。

ポイント

ランタンの明るさは燃料の種類で変わる。

とにかく明るいランタンはメインランタンとしてキャンプサイトの端に置く。

メインランタンは1000ルーメン以上を目安に選ぶ。

最強に明るいランタンを持つとキャンプサイトが暗くならず、快適に過ごしやすくなります

この記事を参考に、ご自身のキャンプスタイルに合った明るいランタンを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

-LED, オイル, ガス, ガソリン, ランタン, 明るい

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5