ランタンスタンド 打ち込み 自作

アイアンで簡単にできる?!ランタンスタンドの自作方法をご紹介!

自作のキャンプギアが気になっているんだけど、ランタンスタンドを作ることはできるの?

その疑問を解決します。

キャンプに欠かせないランタンスタンドはとても便利なキャンプギアです。

ちょっとここに明かりが欲しい...。手元を照らすのに上から固定しておきたい。

そんな時に活躍してくれるのがランタンスタンドです。

ですが、既製品のランタンスタンドはそこそこなお値段...。

便利なのはわかっていても、お財布の都合で断念される方もいるかと思います。

そんな方も大丈夫!ランタンスタンドは自分で作ることができます!

今回の記事では、ホームセンターで手に入る材料を使用した格安ランタンスタンドの作り方を紹介します

 

ランタンスタンドを自作するメリット

ランタンスタンドは安いものでは1,000円以下のものから、10,000円以上するものまでさまざまな種類があります

メーカーによってもサイズや形も違うので、好みのものを購入しようとするとなかなか難しいところもあります。

ですが、自分で作れば価格も抑えられて、好みのものが作ることができるんです。

難しいと思われがちな鉄杭(アイアン)のランタンスタンドも簡単に作れますよ。

ランタンスタンドを自作して、快適なキャンプをしてみませんか?

 

鉄杭でランタンスタンドを作ってみよう!

材料はホームセンターで簡単に揃えることができます。

特別な工具を用意する必要もなく、簡単に作ることができますよ。

用意する材料

・ロープ止め丸型 

太さ9mm×長さ600mm…1本

太さ9mm×長さ900mm…1本

・Uボルト10A…1個

・Uボルトプレート…1個

・蝶ネジ…2個

材料はホームセンターで約1,000円以内で揃えることが可能です。

その他に、ツヤなし黒スプレーやランタンを吊るすためにS字フックがあると良いでしょう。

鉄杭ランタンスタンドの作り方

鉄杭ランタンスタンドの作り方をご紹介します。

1.材料をツヤ消しスプレーで塗装します。(塗装はお好みで)

2.900mmのロープ止め丸型の先に付いている保護カバーを外し、地面に突き刺します。

3.600mmのロープ止め丸型を900mmの輪っかの部分に通します

4.900mmと600mmのロープ止め丸型を固定するために、600mmを通してる方向からUボルトを当てて、Uボルトプレートをはめ込んでいきます。

5.Uボルトが動かないように蝶ネジでしっかり固定します

6.600mmのロープ止め丸型の輪っかにランタンを吊るすためのS字フックを掛けて完成!

地面に刺して、繋ぐだけ!

鉄杭を加工する必要がないので、とても簡単に作れます。

地面が固いと突き刺すのに時間がかかるので、「ペグハンマー」用意しておくと良いと思います。

蝶ネジを緩めて伸ばした状態で固定したり、逆に短く固定できるので、ランタンスタンドの長さ(高さ)を調節することも可能です。

100均のランタンハンガーを使用してフックを増やすことも可能なので、ランタンと一緒に他のものを吊るすことができて、とても便利ですよ。

鉄杭なので強度はそんなに心配しなくても大丈夫です。

ランタンを掴んで少し引っ張っても大丈夫そう!

しっかり固定をしてしまえば、少し力を入れた程度では動かなくなります。

動画に出ているコールマンのパワーハウスツーマントルランタン 290は重量1.8g ありますが、しっかり吊るすことができているので、強度も問題ないかと思います。

どのランタンも雰囲気が出てかっこいいですね。

 

自作ランタンスタンドを使用する上でのポイント

この鉄杭のランタンスタンドを使用する上でのポイントは、地面に突き刺すロープ止め丸型がある程度深く突き刺すことです。

もし、深く突き刺さってない場合は、ランタンの重さに耐えられず倒れてしまう場合があるので、しっかり突き刺して使用しましょう。

この条件は、市販されている一本脚のランタンスタンドも同じ条件だと思います。

地面によっては自力でしっかり突き刺すことができると思います。

ですが、地面が固い場合や深く突き刺せているか心配な場合は「ペグハンガー」を使用することをおすすめします。

 

アイアンで簡単にできる?!ランタンスタンドの自作方法をご紹介!:まとめ

ポイント

  • ランタンスタンドは欲しいところに明かりを灯せるとても便利なキャンプギア
  • 既製品のランタンスタンドは、価格もデザインもさまざまで選ぶのが難しい。
  • ランタンスタンドを自作することで費用を抑えられる
  • 材料はホームセンターで簡単に揃えられる
  • 自作するのに特別な工具が必要がなく、キャンプ場で組み立てるだけ!
  • ペグハンマーを用意しておくと手軽に設置できる
  • 無段階で高さ調節ができるので、自分好みの高さにすることが可能。

ホームセンターで簡単に買える材料を使ってランタンスタンドを作る方法をお伝えしました。

材料費は合計1,000円以内で作ることができます

ツヤ消しの黒スプレーで塗装することで、仕上がりもシンプルなので周りの木や植物を邪魔することもなくかっこ良くキャンプを楽しむことができますよ。

「9mmの細い鉄杭で大丈夫?」と感じる方もいるかもしれませんが、ロープ止め丸型は頑丈な鉄でできているので強度の心配をする必要はありません。

簡単に作れる鉄杭のアイアンランタンスタンドを是非作ってみてください!

スポンサーリンク

-ランタンスタンド, 打ち込み, 自作

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5