デメリット ランタン

知らないと怖い!?ガソリンランタンのメリット・デメリット!

ガソリンランタンって難しいんでしょう?私には無理だよ…。

そんなお悩みを解決致します。

キャンプに欠かせないギアと言えば、ランタンですよね。

中でもキャンパー憧れの存在なのが、ガソリンランタンです。

ハイパワーな明るさで自然の真っ暗闇を照らしてくれる、とても頼もしい存在です。

そんなガソリンランタンに関してよく耳にするのがこちら。

『ガソリンランタンは扱いが難しいからキャンプ初心者には無理』

これ、キャンプ初心者がよく聞く言葉ですよね。

私もキャンプに慣れていない頃、よく言われました。

ですが、実はガソリンランタンはそんなに敷居の高いランタンではありません

きちんと点火方法等を知ってから扱えば、とても魅力的なランタンなんです。

今回はガソリンランタンを使い始める前に知っていてほしいガソリンランタンのメリット・デメリットについて、他のランタンも共にご紹介いたします。

 

ガソリンランタンについて知ろう!

ガソリンランタンってそもそもどんなランタンなの?

ガソリンランタンはホワイトガソリンなどが主な燃料となるランタンを指します。

ガソリンランタンの特徴は大きく4つあります。

  • 光量が明るい
  • 寒さに強く、火力が安定している
  • コスパが良い
  • ガソリンランタンならではの雰囲気と音が楽しめる

1つずつ見ていきましょう。

光量が明るい

ガソリンランタンは、数あるランタンの中でもハイパワーで非常に明るいのが最大の特徴

マントルという発光体を用いて、パワフルな光が広がります。

キャンプ全体を照らすメインランタンとして、大いに活躍してくれますよ。

寒さに強く、火力が安定している

主な燃料であるホワイトガソリンは、引火点が-50度と低いため、気温が低い中でも燃焼し続けることができます

ガスランタンなどは冬場は火力が安定しませんが、ガソリンランタンは高火力を保ったまま、照らし続けてくれます。

夏場もその明るさから、虫を寄せ付ける役割を果たしてくれるため、季節問わず役立つランタンなんです。

コスパが良い

ガソリンランタンは燃焼時間が平均10時間と長いため、ガソリンの補充が少なくて済みます。

そのため、燃料のホワイトガソリンを使用する量も少なくて済み、ランニングコストが抑えられます。

また、燃料のホワイトガソリンは、自動車に使用されるレギュラーガソリンとは異なるため、間違えないように注意が必要です。

ガソリンランタンならではの雰囲気と音を楽しめる

ガソリンは液体の燃料なので、ランタン本体の中で気化してから、明かりがつきます。

その気化していくときの音が何とも言えない心地よい音なんです。

暖かく明るい光と音で、のんびりとした空間を味わうことが出来ます

この独特な時間を楽しめるのはガソリンランタンならでは

ぜひ多くの方にこの空間を体験してもらいたいですね。

 

それぞれのランタンのメリット・デメリット

ガソリンランタンと他のランタンの違いを教えて!

ランタンは燃料によって大きく4つに分かれ、ガソリンランタンはその内の1つです。

  • ガスランタン
  • 灯油ランタン
  • LEDランタン
  • ガソリンランタン

ひとつずつ見ていきましょう。

ガスランタン

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SotoLabo(@nocampnolifesotolabo)がシェアした投稿

OD缶(アウトドア向け製品)やCB缶(一般家庭向け製品)が燃料のランタンを指します。

ガスランタンのメリット

LEDランタンよりも明るく、ガソリンランタンよりも着火しやすい、バランスの取れたランタンである事です。

燃料のガス缶をランタンだけではなく、他のキャンプギアの燃料として併用する事も可能

燃料のOD缶に付けるカバーも多く販売している為、好みのキャンプスタイルに合わせる事も出来ます。

カバーによって可愛いもカッコいいも叶えられるのは嬉しいポイントですね。

ガスランタンのデメリット

デメリットは、主な燃料であるOD缶が高いのでコストがかかること

カセットコンロに使用するCB缶とは違い、コンビニやスーパーで燃料が手に入りづらいのも難点。

そしてガス缶は外気温の影響を受けやすいため、冬場のキャンプでは火力が安定しません。

冬場のキャンプでは光量が安定しやすい他のランタンを選びましょう。

灯油ランタン

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

・理絵・(@ri_e_camp)がシェアした投稿

灯油パラフィンオイルを燃料とするランタンです。

灯油ランタンのメリット

メリットはランタン本体に燃料を注いで着火するだけと操作が簡単である事。

また、灯油ランタンのデザインや灯りはキャンプの雰囲気づくりに役立ちます

食事の際テーブルにあるだけで料理が映えるので、お肉が多少焦げてもオシャレに見えます(笑)。

灯油ランタンのデメリット

灯油ランタンは光量が控えめなので、これ一台だけでは明るさが足りない事がデメリット。

メインのランタンに光量の大きいガソリンランタン等を配置し、サブランタンとして利用するのがおすすめです。

また、燃料の灯油は値段は安いのですが、ススが出てホヤガラスが汚れる為、こまめに掃除が必要になります。

燃料が安いのはメリットですが、ススで汚れるのはデメリットですよね。

そんな灯油ランタンの燃料としておすすめなのがパラフィンオイルです。

灯油よりも少し割高になりますが、ススが出にくいのでメンテナンスの手間が省けます

虫除け効果があるものも売っている為、燃料はパラフィンオイルがおすすめですよ。

LEDランタン

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

h.kame(@papademodekirumon)がシェアした投稿

キャンプでも主流になりつつある、LEDが光源のランタンです。

LEDランタンのメリット

まず大きなメリットは利便性の高さ

ボタン1つですぐに使え、バッテリー容量が大きいものだとスマホの充電もできます。

家の電気をつける感覚で使えるので、操作で悩むことが無いのもメリットですね。

次に大きなメリットは安全性の高さ

火を使わないので、誰でも扱うことができ、屋内でも安心して使用できます

LEDランタンのデメリット

デメリットとしては、明るさが物足りないと感じるものがあること

燃焼するランタンと比べると、どこか人工的な明るさに感じます。

火の揺らぎや音には自然の癒しの力がありますよね。

その為、キャンプにはガソリンランタンのような可燃性ランタンも持っていきたいですね。

ガソリンランタン

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

TKO3CAMP(@tko3camp)がシェアした投稿

ガソリンランタンは上述した通り、ホワイトガソリンが燃料のランタンです。

ガソリンランタンのメリット

大きなメリットは光量が大きい点です。

他のランタンと比べても圧倒的に明るいので、メインのランタンに最適です。

もう一つのメリットが火力が安定している点です。

気温に左右されないので、冬場でも高出力の明るさで照らしてくれます。

ガソリンランタンは、持っているだけで一人前のキャンパーだと思われるほど王道で憧れの存在です。

もう一つのメリットがメンテナンスをする事で長持ちするという事。

メンテナンスをきちんとしていると、親子2代に渡って使用している事も多いです。

ベテランキャンパーに長年愛用されているのも、手間をかけて育てていくランタンだからなのですね。

ガソリンランタンのデメリット

デメリットとしていえるのは、着火手順がやや多いという点。

マントルの空焼きやポンピングなど着火するのに手間がかかります。

ですが、その手順があるからこそ、着火するだけでも達成感があり、キャンプの醍醐味を味わう事ができるのです。

ポンピングは割と楽しい作業なので、我が家では子どもが取り合いになります。

一度使い方を覚えると、あなたもガソリンランタンに魅了されていきますよ

 

ガソリンランタンを使用する際の注意点

私の失敗体験から、ガソリンランタンを使用する前に知っていてほしい、注意するべきポイントをお伝えします。

テント内での使用NG

ガソリンランタンをテント内で使用するのは危険です。

なぜなら、就寝時テントを閉め切ると、一酸化炭素中毒になるリスクがあるからです。

また、空気がきちんと入れ替え出来ていたら大丈夫というものでもありません。

私は過去にガソリンランタンをテントのタープ近くに置いていて、テントを焦がしてしまったことがあるんです。

ガソリンランタンは熱を帯びているので、近くに燃えやすいものを置いておくのは危険です

テント内だと風に揺られて、テントがガソリンランタンに近づく恐れがあります。

火事を起こさない為にも、ガソリンランタンはテント内で使用しないでおきましょう

予備の道具を持っていこう!

ガソリンランタンが光る為にはマントルが必須です。

マントルって何?

マントルはガソリンランタンで使用する発光体を指します。

LEDランタンでいうところの電球のような存在だと思って下さい。

マントルは一見するとただの袋のようですが、その袋に発光物質が塗られています。

マントルは空焼きという作業で一度燃やす事で、発光体のみが袋に残るようになります。

この空焼き後のマントルが本当に繊細なんです!

ちょっと触れてしまっただけで穴があいてしまい、使用できなくなります

不器用な私は何度もマントルを破ってしまい、マントルを無駄にしてしまいました

最初の頃はマントルを破る事も多いかと思うので、必ず予備のマントルを持っていきましょう

うっかりは誰にでもある事なので、注意しておいて間違いはありません。

 

知らないと怖い!?ガソリンランタンのメリット・デメリット:まとめ

今回は扱いにくいと思われがちなガソリンランタンについて、メリット・デメリットを体験談も交えてお伝えしました。

今回の記事ポイント

  • ガソリンランタンはハイパワーなランタンで燃焼音にも特徴がある。
  • ガソリンランタンを着火する手間は達成感に繋がる。
  • ポンピングは意外と楽しい作業。
  • うっかりを防ぐためには予備知識と準備品が大切。

初めてガソリンランタンに触る時は誰もが初心者です。

まず使ってみる前に、ガソリンランタンのことを知っていくことが重要。

デメリットも慣れ親しんでくるとメリットに変わってきます

皆さんも私の失敗を反面教師にして、ガソリンランタンのことをどんどん知って、キャンプを明るく楽しく過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

-デメリット, ランタン

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5