オイル ガス ランタン

ガスランタンとオイルランタン簡単解説!キャンプ名人への道のり

LEDランタンだけじゃ物足りないな~。

ガスとオイルどっちがいいのかな?

そんなお悩みにお答えします。

今回は、ガスランタンとオイルランタンについて、それぞれの特徴を簡単にわかりやすく解説します。

ランタンってたくさん種類も数もあるけど、キャンプを2回3回と重ねていくと不思議とこだわりたくなりますよね。

私の場合、初めてのキャンプのとき、LEDランタンがあれば十分だと思いました。

コスパがよくて、テントの中でも使える。ガスやオイルのランタンは非効率で、熟練者向けのものだと。

そして、キャンプ中に悟りました。

やっぱりLEDだけでは何か物足りない

LEDランタンは便利なアイテムです。

しかし、キャンプの時間をより充実したものにしてくれるのが、ガスランタンやオイルランタンといった道具達です。

なにより、炎が演出するあの独特の雰囲気がたまりません。

私は、座って、ずっと眺めているだけで癒されます。

(本当にずっと座っているだけだと、周りに心配されます。)

大きな魅力をもっているガスとオイルのランタンですが、それぞれ良いところと悪いところをもっています。

この記事を、自分に合ったランタンを探すときの、参考にしていただければと思います。

 

万能選手ガスランタン

まずは、ガスランタンついて。

ガスランタンはガス缶をつなげて使うシンプルな構造をしています

燃料のガス缶は、CB缶(カセットボンベ)とOD缶(アウトドア)の2種類。

CB缶はスーパーなどで簡単に手に入りますが、アウトドアショップで販売しているOD缶の方が、火力が強く安定しています。

メリット

光の明るさが魅力

ガスランタンの最大の特徴は光の明るさが大きいことです。

LEDランタン以上の光量を出せます。

やっぱりガスですね。

あまりの光の強さに、ランタンの前で、ははーっとひれ伏すほどです。

私はいつもやってます。

ランタンスタンドなどに吊るして使えば、周りを明るく照らす、メインのランタンとしてばっちりです。

光の調節ができる

光の調整が可能なので、光量を抑えて使うことができます。

私はあまりに強い光を、つまみをくいっと回して、調節して、食卓を照らすサブランタンに使ったりしてました。

いろんな使い方ができるんだね。

その他の万能機能

ほかに良い点として、使用後のメンテナンスもほとんど必要ないので手間いらず。

それと、ガスランタンのなかには、ガスバーナーやストーブ等とガス缶を共用できるものがあるのも見逃せません。

デメリット

燃費が悪い

悪いといっても、ガス缶一本で一晩使うには十分なくらいだと思います。

とはいえ、他のタイプのランタンと比べると、やはり燃焼速度が早いです。

光量を大きくすれば、燃料の消費も早くなる!

私の場合も、最初のうちはガス缶一本で十分だったんですが、キャンプの回数を重ねていくと、地味にガス缶費が気になっていきました。

ガス缶の残量が分かりづらい

私もガス缶を振ってみたんですが、いまいち残量がわかりませんでした。

荷物を入れる際、予備を持っていく方が確実なので、ガス缶2本分のスペース確定です。

やや、かさばり感アップです。

もちろん、光量を小さくして寿命を伸ばすこともできますが、ガスランタンを持っていく際には燃費は注意をしておきたいところです。

ドロップダウン現象

そのほかに、ガスは気温の変化に影響を受けやすいので、気温が低い冬には、いつもより火力が弱く感じることがあるかもしれません。(ドロップダウン現象)

テント内での使用は避ける

最後に1つ、密閉したテント内での使用は厳禁です。

燃料を消費して、火を使うので、特に一酸化炭素中毒には要注意です。

メリット

  • 光量が大きい。
  • 光の調節ができる。
  • 操作性など、扱いやすい。
  • メンテナンスが簡単。

デメリット

  • 燃費がやや悪い。
  • ガス缶の残量が分かりづらい
  • 気温が低い季節は、力が弱く感じる場合がある。
  • テント内での使用は危険。

2500ノーススター LPガスランタン(コールマン)

[出典引用: Amazon]

  • ガスランタンといったらこれしかない。
  • キャンプ用品界の帝王、コールマン社製。
  • ランタン最高レベルの光量。
  • 光量調整などの扱いやすさはピカイチ。

誰でも1つは持ってると言っても過言ではない定番中の定番

もちろん、私も持ってます。

メインランタンとしていつも大活躍です。

 

 雰囲気最高オイルランタン

灯油やパラフィンオイル等の燃料をタンクに入れて使うものがオイルランタンです。

(一部ホワイトガソリンを燃料にするコールマン社製のガソリンランタンがあります。)

メリット

雰囲気を演出する炎の存在感

最大の魅力は、オイルランタンにしか出せない独特の雰囲気。

ガスやLEDには出せない、温かみのある炎。

私は眺めるだけで、ランタンの前で一日ずっと座っていられる自信があります。

また、使うオイルを工夫して、炎を着色することもできます。

オイルランタンの炎が醸し出す、あの感じって何とも言えないよね。

豊富なデザイン

好みもありますが、オイルランタンって、レトロというか、渋いというか、カッコいいんです。

オイルランタンは歴史が古く、ガスが使用される以前からあるため、さまざまな形、デザイン性の高いものがあります。

使い込めば、何十年も使えるため、味わいのあるヴィンテージものや、中には骨董品レベルのものもあります。

オイルの炎の魅力をさらに高めてくれます。

デザインを眺めているだけでも、面白い!。

デメリット

デメリットは主に二つあります。

一つ目はズバリ、手間

二つ目は、光量が弱い

オイル特有の炎は、メリットであり、逆にデメリットにもなります。

個人的には、光量を考えると、購入一つ目のランタン、もしくは単独での使用は、不便さがあると思います。

落とし物したときなんか、暗いですしね。(探すときに、ランタン以外を使えばいい話ですが)

オイルランタンの種類には、加圧式と非加圧式があります。

加圧式

加圧式の多くは、ガスには及ばずながら、光量が多いのでメインとして使えます。

しかし、ポンピングや空焚きといった手間があり、使用した後のメンテナンスも必要です。

非加圧式

非加圧式は、芯に火をつけて使うシンプルなタイプです。

メインとして使うには光量が弱く、替え芯にいくつか種類があるので、最適なものを選ぶ手間があります

加圧式と同様に使用後のメンテナンスが必要です。

その他のデメリット、燃料

オイルランタンで使う燃料のオイルは、主に灯油とパラフィンオイルの二つです。

灯油は、ガソリンスタンドなどで、安くて簡単に手に入ります。

しかし、灯油独特の臭いとススが出る、というデメリットがあります。

あのツンとした臭いが手につくと、食事とか台無しです。(私は、わりと好きなにおい。)

パラフィンを燃料にすれば、臭いがなく、ススも出ませんが安い灯油と違って値が張ります。

オイルランタンはたくさん覚えることがあるんだね。

カスタマイズ性が高いとも言えるね。

加えて、オイルランタンもガスランタンと同様に、密閉したテント内での使用は安全のため、避けるべきでしょう。

メリット

  • 雰囲気づくりに最高の炎。
  • 形、デザインが豊富。

デメリット

  • メンテナンスやポンピング等のいろいろな手間がある。
  • 光量が小さい。
  • 燃料の扱いに注意が必要。
  • テント内での使用は危険。

ハリケーンランタン D80(デイツ)

 

[出典引用: Amazon]

  • 1840年創業、ニューヨーク州ブルックリンにあるデイツ社の傑作。
  • オイルランタンの中でも、トップクラスの光量。
  • オイルランタンには少ない、火力調整ハンドル。
  • 雨風に強いハリケーン型の形状。

フォルムがカッコイイ。

私は、娘が光をじーっと見つめている顔をみると、買ってよかったなーとしみじみ思います。

最高の逸品です

必見!オイルランタンの種類と芯について!おすすめのランタンもご紹介!

続きを見る

 

 ガスランタンとオイルランタンの比較

ガスとオイルのことはなんとなく分かったけど、どっちがいいかな?

まだ混乱中。

ガスランタンとオイルランタンの特徴を簡単に比較してみました。

ガスの特徴

  • 万能性◎
  • 雰囲気づくり〇
  • 燃費△
  • 扱いやすさ、メンテナンス◎
  • 光量◎
  • デザイン〇
  • カスタム性△

 

オイルの特徴

  • 万能性△
  • 雰囲気作り◎
  • 燃費〇
  • 扱いやすさ、メンテナンス△
  • 光量△
  • デザイン◎
  • カスタム性◎

まとめると、大体このような感じです。

ガスランタン

ガスの利点は、光量が大きく、使い勝手がよい、メンテナンスも楽。

でも、燃費が難点。

オイルランタン

オイルの利点は、炎の雰囲気と形やデザイン。

難点は、光量と手間がかかること(ポンピング、メンテナンス、替え芯選び等の手間)といったところでしょうか。

慣れてくると、逆に、オイルランタンのポンピングやメンテナンスが魅力だという人もいるかもしれません。

私は、今ではこれらの手間がないと、ソワソワするくらいオイルにはまっています。

オイルランタンのカスタマイズ性が好きだな。手間とは思わない。

いろいろと、単純な比較ではわからない、それぞれの良さもあるようです。

それでも、炎の光量や雰囲気は、ガスとオイルに共通の、真っ先に考える重要なポイントだと思います。

以下に一つの動画をのせておきますので、光量や雰囲気のご参考にどうぞ。

 

 ガスランタンとオイルランタン簡単解説!キャンプ名人への道のり:まとめ

ガスランタンとオイルランタン、それぞれに良い点と悪い点があります

私の場合は、LEDランタンを購入後、次に手に入れたのはガスランタンでした。

オイルランタンほどでなくても、雰囲気を出せるデザインの良いものは豊富ですし、なにより使いやすさが魅力的でした。

今では、オイルランタンがお気に入りです。

替え芯を選んだり、本体を掃除したり、愛着をもって使ってます

手間がかかることが、かえって楽しみになりました。

重視する使用目的によって、最適なランタンは人によって変わります。

自分に合うランタンを見つけて、キャンプを過ごす時間を最高のものにしましょう。

スポンサーリンク

-オイル, ガス, ランタン

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5