ガソリン ランタン 保管 方法

知っておきたい!ガソリンランタンの保管方法とオススメの保管ケース

ガソリンランタンってどうやって保管するの? オススメの保管ケースとか教えて!

そんな疑問にお答えします。

キャンパー憧れのギアと言えば、ガソリンランタンですよね。

ガソリンランタンを付けられるようになれば一人前等と言われるほど、キャンプに精通した人が持つイメージが強いギアの1つ。

そんなガソリンランタンを保管する方法や、保管するケースはどんなものが適しているのか気になりますよね

今回はガソリンランタンの保管方法について、オススメの保管ケースと共にお伝えいたします。

 

ガソリンランタンの魅力

[出典引用:Amazon]

まずはガソリンランタンの魅力を教えて!

ガソリンランタンの魅力は大きく3つあります。

  • 季節問わずにとにかく明るい
  • キャンプの醍醐味を楽しめる
  • 音で癒される

1つずつ見ていきましょう。

季節問わずにとにかく明るい

 

この投稿をInstagramで見る

 

This is a KEN(@this_is_ken3)がシェアした投稿

ガソリンランタンは他のランタンと比べて、圧倒的に明るいのが特徴

キャンプ場では直視すると眩しいほどです。

また、ガソリンランタンの主な燃料であるホワイトガソリンは引火点が低いので、寒い場所でも安定した明るさを提供してくれます

※引火点=大まかにいうと、液体が燃え始める温度を指します。引火点が低いと燃焼可能な温度も低くなります。

どんな季節でも、安心して使用できるのはいいですよね。

サイズもしっかりあるので、見た目も機能も頼もしい存在です。

キャンプの醍醐味を楽しめる

 

この投稿をInstagramで見る

 

morolingo(@morotetsu)がシェアした投稿

キャンプをしに来た時は、日常とは違うことをしたいですよね

ガソリンランタンは着火するために手順を踏む必要があり、キャンプならではの手間を楽しむことができます

家の中では便利なLEDも、キャンプでは少し味気ないもの。

キャンプに来たのなら、非日常空間を味わうのも醍醐味の1つですよね。

ガソリンランタンでキャンプの醍醐味を味わいましょう

音で癒される

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yumipeco02がシェアした投稿

ガソリンランタンの燃焼する音は、何ともいえない癒しの音がするんです。

その音を聴きながら、ゆっくりコーヒーを飲むのが最高に贅沢な時間の過ごし方なんです。

ガソリンランタンの燃焼音については、こちらの動画を参考にしてくださいね。

 

ガソリンランタンの保管にランタンケースは必要不可欠

[出典引用:Amazon]

何でガソリンランタンを保管するときに、ランタンケースが必要なの?

ランタンケースとはその名の通り、ランタンを保管し持ち運ぶ際に使用するケースを指します

ランタンケースを使用するメリットは大きく2つあります。

外部の衝撃からランタンを守る

ランタンケースの最大の特徴と言えば、外部からランタンを守る事

ガソリンランタンを初めとしたランタンの多くはガラスホヤを使用しており、外から強い衝撃があると割れてしまいます

ランタンが傷つくのはもちろんのこと、他のキャンプギアも傷つけてしまう可能性があります。

そんなトラブルが起きないよう、ガソリンランタンはランタンケースに入れて保管しましょう。

必要な備品を合わせて収納できる

ガソリンランタンを初めとした可燃性ランタンは着火する際、燃料やチャッカマンなどの備品が必要です。

特にガソリンランタンは予備の部品としてマントルが必要不可欠です。

マントル=ガソリンランタンの発光体。これがないとガソリンランタンは付かない

マントルは空焼きした後が非常にもろいので、うっかり触れてしまうとすぐに破れてしまいます。

なので、マントルの予備は必ず準備しておきましょう。

私は過去にうっかり空焼き後のマントルを破ってしまった事が2回あります。

その他にメンテナンスの細かい部品もある為、ランタンケースでまとめて保管しておくと紛失しにくくなるのでとても便利

また、ランタンケースのほとんどは取っ手がついてるので、持ち運びもしやすくなります。

もはやランタンケースを使用しない理由が無いですね。

ガソリンランタンの着火方法について詳しくはこちら。

 

ランタンケースの選び方

ガソリンランタンについて知ったところで、ランタンの保管ケースの選び方についてご紹介いたします。

保管ケースを選ぶポイントは2つあります。

  • 素材とクッション性で選ぶ
  • 収納力で選ぶ

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

素材とクッション性で選ぶ

ガソリンランタンをはじめとした、ランタンを保管するケースの素材は3つに分かれます。

素材の分類

  • ハード...天然木や硬いプラスチックを使用。外からの衝撃に強い
  • セミハード...EVAフォームという素材を使用。ランタンを保護する力が大きく軽い
  • ソフト...帆布やポリエステルを使用。安価で軽く、種類も豊富

内部の素材で重要になるのが、クッション性

外部からの衝撃からより安全にランタンを保護してくれます。

また、内側にクッションが内蔵されている分、自立しやすいので出し入れしやすいのもポイント

キャンプサイトの雰囲気に合った素材で、クッション性のあるものを選びましょう。

収納力で選ぶ

ランタンケースのメリットでもお伝えしましたが、ランタンケースはランタンだけでなく、他の備品も合わせて保管すると便利です。

なので、ランタンケースを選ぶ際にはポケットの有無が重要なポイントになります。

サイドや蓋に大きいポケットはあるのか等確認しておくと良いですよ。

また、ランタンを複数所有しており、よく合わせて持ち運ぶランタンセットがある場合は大型モデルもおススメ

ランタンケースのサイズ自体が大きいので、その分収納力も高くなります

とはいえ、その分サイズが大きくなってしまいます。

その他のキャンプギアとの兼ね合いを見て、ランタンケースのサイズも考慮しましょう

 

ガソリンランタンを保管する際のポイント

ランタンケースの選び方について知ったところで、ガソリンランタンを保管する際に気を付けておきたいポイントについてお伝えいたします。

ガソリンランタンはしっかり冷ます

ガソリンランタンを使用した後、ランタンケースに保管する前にしっかり冷ましておきましょう

ガソリンランタンの熱を残したまま、ランタンケースに保管すると熱がこもってしまいます。

熱がこもってしまうと、燃料タンク内に結露が発生する可能性が出てくるため、ガソリンランタンの故障にも繋がりかねません。

まずはガソリンランタンをしっかり冷ましましょう。

空気圧を抜いてから保管する

しっかり冷めた事が確認出来たら、ガソリンランタンの燃料キャップを緩め、ガソリンランタン内の空気圧を抜きましょう

空気圧が残ったままだと、保管の際に室温などで気圧が上がる恐れがあり大変危険です

空気圧を抜くのは非常に大切なので、忘れない様にしましょう。

しばらく使わない場合は、燃料を抜いてから保管する

次のキャンプの予定が決まっていない場合は、ガソリンランタン本体から燃料を抜き取っておきましょう

燃料のホワイトガソリンを本体に入れたまま長期間保管していると、タンクの内外で温度差が生じ、タンク内に水滴がたまっていく可能性があります

その水滴によって、ランタンのタンク内に錆が発生する可能性があるです。

内部が錆びてしまうと手入れが困難となり、その結果メーカーに修理依頼をすることになってしまいます。

私はこの情報を聞いてから、余ったガソリンは必ず抜き取るようにしています。

キャンプで使用する機会が少ない方は、きちんとガソリンを抜いてから保管しましょう

 

ガソリンランタンにおススメの保管ケース

ここではガソリンランタンの保管に適したランタンケースをタイプ別にご紹介いたします

コールマン(Coleman) パワーハウス ツーマントルランタン 収納ケース 3000000527

[出典引用:Amazon]

ガソリンランタンを多く取り扱うコールマンのハードタイプのランタンケースとなります。

ハードタイプなので、安定感が抜群です。

きっちり閉まる為、外部からの虫の侵入も防いでくれます

使用する手順は、底にランタンを置き、ケース本体を被せて固定します。

この時、ロックの部分をきちんと奥まで指で押し込みはめるのが重要なポイント

ハードタイプのランタンケースの中で、一番安定感があり、おススメです。

オレゴニアンキャンパー(Oregonian Camper) セミハードギアバッグ Lサイズ OCB-2040WBRW (キャメル/FF)

[出典引用:Amazon]

セミハードタイプのランタンケースです。

仕切りを自由な位置に調整できる仕様で、ランタンをしっかり固定できるのが特徴

縦と横の両方で使用が可能となっていますが、ガソリンランタンは燃料漏れを防ぐために縦保管がおススメです。

ちなみに私はこのランタンケースをいつも使用しています。

蓋にポケットがある為、収納も問題ありません。

価格もお手頃なので、おススメですよ。

コールマン(Coleman) ソフトランタンケース2 170-8017

[出典引用:Amazon]

大型のガソリンランタンに適した、ソフトランタンケースです。

収納可能ランタン最大サイズが直径17cm×高さ31cmと広々している為、ほとんどのガソリンランタンが収納可能

蓋の内側にはポケットもあり、予備のマントルも収納できます

補強板は三層構造になっているので、収納・運搬時の衝撃からランタンをしっかり守ってくれる為、ソフトタイプで一番おススメです。

知っておきたい!ガソリンランタンの保管方法とオススメの保管ケース:まとめ

今回はガソリンランタンの保管方法と保管する際におススメのランタンケースについてお伝えしました。

今回の記事のポイント

ガソリンランタンは明るくて癒されるランタン

ガソリンランタンの保管にはランタンケースがおススメ

ランタンケースは収納力も重要

ガソリンランタンはしっかり冷ましてから保管しよう

ガソリンランタンは繊細な部品もある為、ランタンケースが必要不可欠です。

内部のメンテナンスの手間を省くためにも、燃料のホワイトガソリンは都度抜いておくことがおススメですよ。

皆さんもガソリンランタンをきちんと保管して、長くガソリンランタンを楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク

-ガソリン, ランタン, 保管, 方法

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5