ガソリン ランタン 最小

最小のガソリンランタン?!レア度高めのフェザーランタンについて

サイズの小さいガソリンランタンってあるの?誰か教えて~!

キャンパーに長年愛されているキャンプギアといえば、ガソリンランタンですよね。

力強くも暖かい明るさで、キャンプ初心者にとっては憧れの存在でもあります。

そんなガソリンランタンで最小サイズと言われてるランタンがあるのをご存知ですか?

あまり知られていないですが、ガソリンランタンとは思えない位コンパクトサイズのランタンがあるんです。

知っておくだけで、あなたのキャンプレベルが上がるかも?!

今回はあまり知られていない、最小のガソリンランタンと言われるフェザーランタンについて詳しくお伝えしていきます。

 

ガソリンランタンの特徴

ガソリンランタンの魅力は大きく4つあります。

  • 温度差に強い
  • 燃料が入手しやすい
  • コストパフォーマンスが良い
  • 何といっても明るい

1つずつ詳しく見ていきましょう。

温度差に強い

ガスランタンと違って、ガソリンランタンは冬場でも安定して光量を維持できるというメリットがあります。

 ガスランタンは気温が低くなると、ガスが気化しなくなり燃焼がスムーズにいかなくなる場合があります。 

冬場や寒い場所で使う機会が多い方にはガソリンランタンがおすすめですよ。

燃料が入手しやすい

ガソリンランタンの燃料であるホワイトガソリンはホームセンターで簡単に手に入ります。

ガスランタンのガス缶はアウトドアショップでしか手に入らないものも多い為、調達しやすいのは嬉しいポイント

見知らぬ土地でも、燃料調達に慌てなくて済みますね。

ホワイトガソリンは純正のものを選ぶのがポイント

不純物が入っていると、燃料を気化する為の部品であるジェネレーターがつまってしまい、故障の原因になります。

コールマンのガソリンランタンを使用する際は、コールマンのホワイトガソリンを選びましょう。

私がいつも使用しているのはこちらの商品。

コールマン エコクリーン 4L

 

コストパフォーマンスが良い

上記に繋がる点でもありますが、ガスランタンと比べると燃料のホワイトガソリンはかなり安いです。

タンクの容量が大きいと燃料の補充も少なくて済むため、よりコストパフォーマンスは上がります。

また、ガソリンランタンの中にはレギュラーガソリンを併用できるタイプもあります。

併用できないタイプはホワイトガソリン使用するのが必須ですが、レギュラーガソリンと併用できるタイプだと、よりコストを抑えることができますね。

コストを抑えたい方は、燃料が併用できるタイプを選ぶと良いでしょう。

何といっても明るい

他の灯油ランタンやガスランタン、LEDランタンと比べて、ガソリンランタンはかなり明るいです。

その圧倒的な明るさは、マントルの形やサイズによって若干異なります。

マントルについて

ガソリンランタンを光らせるための発光体を指します。

LEDランタンでいう電球のような役割があります。

形状によって明るさも異なります。

チューブ型=細長い形をしている。上下共にランタン本体に装着が必要。

マントルのサイズが大きいので、光量が強いものが多い。

丸型=球状の形をしている。ランタン本体に装着し吊るして使用。

チューブ型よりも取り付けがしやすい。

マントルが2つあるランタンは、ガソリンランタンの中でもハイパワーな明るさを誇ります。

ガソリンランタンを購入する際にはマントルの数や形状も確認しましょう

 

ガソリンランタンの歴史

[出典引用:Amazon]

そもそもガソリンランタンってどんなランタンなの?

ガソリンランタンの歴史は古く、約120年以上前にアメリカで誕生しました。

ガソリンランタンで有名なブランドと言えばコールマンですよね。

ガソリンランタンの歴史はコールマンの歴史と言っても過言ではありません。

コールマンのガソリンランタンは時代に合わせて、少しずつモデルチェンジを繰り返し、現在でも高い人気を誇っています

製造から数十年経過したビンテージランタンも、メンテナンス次第で新品のランタンと同じように使用できるため、親子2代に渡って受け継がれているものもあります。

キャンパーによるメンテナンスがしやすい点もコールマンのガソリンランタンの魅力ですね。

今回ご紹介する最小のガソリンランタンであるフェザーランタンもコールマンのランタンです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

テルニカ(@terunika0512)がシェアした投稿

次にフェザーランタンの特徴についてまとめていきます。

 

最小のガソリンランタン、フェザーランタン

[出典引用:コールマン公式HP]

コールマンから発売されたフェザーランタンは、コールマンランタン222シリーズとも呼ばれています。

そのコンパクトなボディとは対照的に、予想以上の明るさがあります。

フェザーランタンの特徴

フェザーランタンのスペックは明るさが125CP(キャンドルパワー:ろうそく一本分の明かりが1CP)、タンク容量は約230ccとなっています。

本体サイズは高さが24cmで、重量が燃料なしで800gと軽量

ガソリンランタンは大きいサイズのものが多いので、持ち運びしやすいフェザーランタンは有難い存在ですね。

ガソリンランタンの大きさに悩まれている方は、フェザーランタンは魅力的ですよね。

着火方法が特殊

フェザーランタンはカナダ コールマンのEASI-LITEという特殊なバルブシステムが採用されています。

通常、燃料を気化させる部品であるジェネレーターに燃料調節ネジを横から出し入れすることにより、燃料調節ができます。

フェザーランタンはジェネレーターの中をニードルが上下することで、燃料を調節する為、構造が異なります。

このバルブ構造を理解していないと、点火する際に戸惑ってしまう為、事前に学んでおきましょう。

こちらの動画ではフェザーランタンの着火方法などが詳しく分かります。

コールマン フェザーランタン

[出典引用:コールマン公式HP]

今は手に入らない?!フェザーランタンが希少な理由

最小のガソリンランタンと言われるフェザーランタンですが、現在は発売されておらず、中古品しか出回っていない非常に稀少なランタンなんです。

廃版となった理由として考えられるのが、タンクの容量が少ないのでポンピング回数が多くなるという点です。

ポンピングとは

ポンピングは、ランタン本体の内部に圧力をかける作業を指します。

ポンピングによって、燃料のホワイトガソリンが気化して燃焼できるようになるため、ポンピングは重要な作業です。

ポンピングは楽しい作業ではありますが、手間だと感じる方が多かったのかもしれませんね。

あくまでも筆者の推測による理由です。廃版になったのは他にも理由があるかもしれません。

じゃあフェザーランタンはもう手に入らないの?

実はそんなことありません。数は少ないですが、フェザーランタンを手にする機会はあります。

欲しい方は中古のランタンを取り扱うショップ等で検索してみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

イレクターズ(@erectors_op)がシェアした投稿

 

最小のガソリンランタン?!レア度高めのフェザーランタンについて:まとめ

今回はガソリンランタン最小と言われるフェザーランタンについてお伝えいたしました。

ポイント

ガソリンランタンは寒さに強く明るいランタン

ガソリンランタンといえばコールマン

フェザーランタンはコールマン最小のガソリンランタン

フェザーランタンは手に入りにくいレアなランタン

暖かくなってキャンプに行く機会も増えると思います。もしかしたらフェザーランタンに出会えるかもしれませんよ。

今回の記事を参考に、ガソリンランタンと共にキャンプを大いに楽しんでください

スポンサーリンク

-ガソリン, ランタン, 最小

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5