ランタン 加圧式 灯油

ランタンを選ぶなら灯油ランタンの加圧式がおすすめ!どこが魅力?

灯油ランタンを使ってみたいけど、よく分からないから詳しく教えてほしいな。

その質問にお答えします。

最近のキャンプブームでキャンプを始めた方も多いと思います。初めは何が必要なのか、何を揃えたら良いのか悩みますよね。

ランタンもその中の1つだと思います。

ランタンはキャンプの必需品です。初心者の方は手軽に使えるLEDランタンを選ぶのも良いですが、私は灯油ランタンをおすすめします。

この記事では灯油ランタンの特徴や魅力、おすすめの商品について紹介します。

 

灯油ランタンには種類がある!?

灯油ランタンには灯油をガス状にして光を放つ加圧式のものと、燃料を吸い上げた芯に炎を灯す非加圧式があります。

では、それぞれについて簡単に解説していきます。

加圧式

加圧式は非加圧式ランタンと比べると光量が大きく、メインランタンとして使われることが多いです。

加圧式はマントルを空焼きをしたり、ポンピングやプレヒートなど点火前に準備が必要です。

また使用後の掃除や定期的なメンテナンスも必要で、扱いが難しいと言われます。

しかし慣れてくると事前準備も5分程で終わりますし、掃除やメンテナンスも楽しくなりますよ。

非加圧式

非加圧式ランタンは燃料を吸い上げた芯に炎を灯すため、加圧式ほど明るくはありません。

しかし炎の揺らめきは、キャンプの夜を優しい雰囲気にしてくれます。

また、防風性に優れていて突風のなかでも使うことができ、ハリケーンランタンと呼ばれたりもします。

加圧式のようにポンピングやプレヒートといった手間がなく扱いやすいランタンです。

 

おすすめは加圧式ランタン

私もキャンプを始めたころはLEDランタンを使っていました。

子供が小さかったという理由もありますが、やっぱり燃料を使うランタンは手間がかかるので避けていたんです。

しかし子供も大きくなり、キャンプにも慣れてきたことから灯油ランタンの加圧式に挑戦してみました。

難しいと思っていましたが、不器用な私でも使えたのでみなさん安心してください。

ここからは私が思う加圧式ランタンの魅力をお伝えします。

コストパフォーマンスが良い

灯油はガソリンランタンで使うホワイトガソリンや、ガスランタンで使うガス缶に比べコストがかかりません。

またガソリンスタンドで購入できるなど手に入れやすいのも良いですね。

メインランタンとして活躍

加圧式ランタンは光量が多いのでメインランタンとして使うのがおすすめです。

明るさはガソリンランタンと比べても劣りませんし、コスト的にも長時間使うメインランタンに向いています。

揺れる炎が心地よい

炎の揺れは見ているだけで心地よく癒されます。これは炎が「1/fゆらぎ」といわる独特のリズムで揺れているからなんです。

焚き火でよく使われる言葉ですが、灯油ランタンでも感じることが出来るのでおすすめです。

デザインがカッコいい

100年以上愛されている灯油ランタン。デザインは昔から変わらない物も多く、インテリアとしても雰囲気があります。

加圧式ランタンはサイズが少し大きいですが、それも含めてカッコいいですね。

灯油ランタンは耐久性があり使い続けることで自分だけの味がでます。

メンテナンスをきちんとしていれば、親子で引き継いでいくこともできるので大切に使いたいですね。

 

使い方とメンテナンス方法は?

加圧式の灯油ランタンは事前準備とメンテナンスが大切です。

正しい使い方とメンテナンス方法を覚えて、長く使っていきましょう。

使い方

まずは使い方について詳しく解説していきます。

聞いたことのない言葉も出てくるかもしれませんが、難しいことはないので安心して下さい。

1.マントルの取り付け

マントルをインナーチムニー下部に取り付け、紐で二重に結んで固定します。

2.燃料を入れる

燃料タンクのキャップを外して灯油を注ぎますが、満タンではなく容量の7〜8割程度を目安にしてください。

3.ポンピングを行う

燃料タンクに圧力をかけて気化させるためポンピングを行います。

バルブや燃料口がしっかり閉まっているか確認してから行ってください。

バルブや燃料口が開いていると、いくらポンピングしても加圧されません。また、燃料が噴き出す恐れもあります。

4.プレヒート(予熱)

プレヒートには予熱バーナーを使う方法とアルコールを使う方法がありますが、私のおすすめはアルコールを使う方法です。

アルコールをカップにたっぷり入れてライターなどで火をつけます。アルコールがほとんどなくなればプレヒートは完了です。

灯油と別にアルコールを準備する必要がありますが、圧力が下がらないのでポンピングの回数が少なくて済みます。

5.点火

十分にプレヒートが出来ていれば、バルブを開くだけで簡単に点火できます。

バルブを開くときは勢いよくせず、ゆっくり開いて下さい。

※初めてマントルを使う時には空焼きが必要ですが、アルコールでプレヒートを行えば同時に空焼きを行うことが出来ます。

メンテナンス

マントルとジェネレーターは消耗品です。

使用の度に交換する必要はありませんが、定期的に交換する必要があります。

交換するタイミングはいつなの?

マントルは破れたり穴が開いた時には交換してください。

空焼き後のマントルは少し触るだけで穴が開きやすいので、扱いには注意しましょう。

ジェネレーターのお手入れは、煤(すす)などが詰まっていそうな箇所を炎で炙ります。

手入れをしていてもジェネレーターは消耗品なので1~2年を目安に交換すると良いですね。

他にも必要なメンテナンス

  • ランタンを使用しない時にはタンクから灯油を抜いておく。
  • ポンプカップには定期的に油をさす。

細かい事ですがこれらをするだけで長く使い続けることができますよ。

 

商品紹介

おすすめの商品を2つ紹介します。

スペックやおすすめポイントを一緒に紹介しているので、是非参考にして下さい。

ペトロマックス

[出典引用:楽天市場]

サイズ:約40.0×17.0cm

重量:約2.4㎏

タンク容量:約1L

ペトロマックスは世界で初めて加圧式灯油ランタンを開発したブランドです。

開発から100年以上ほとんどランタンのデザインは変わっていません。

本体はブラス製とニッケル製で値段は決して安くありませんが、どちらも高級感があります。

光量が400wでとても明るいので、私はメインランタンとして愛用しています。

コールマンケロシンランタン

[出典引用:Amazon]

サイズ:約34.0×15.0cm

重量:約2.15㎏

タンク容量:約1L

アウトドアグッズで有名なコールマン。実はランタンメーカーとして誕生したブランドなんです。

コールマンの灯油ランタンは現在1種類のみ販売されており、しかも日本国内向けの販売はありません。

そのため購入するならAmazonなどで並行輸入品を購入することになります。

説明書は英語ですが、使い方を詳しく説明しているサイトや動画もあるので心配はいりません。

ランタンを選ぶなら灯油ランタンの加圧式がおすすめ!どこが魅力?:まとめ

まとめポイント

  • 灯油ランタンは非加圧式に比べて光量が多い加圧式ランタンがおすすめ。
  • 燃料が灯油なのでコストパフォーマンスが高くメインランタンに向いている。
  • マントルを初めて使う時には空焼きをしてから使用する。
  • 加圧式ランタンは事前準備やメンテナンスなど手間がかかるが耐久性があり長く使える。
  • マントルやジェネレーターは消耗品なので定期的に交換が必要。

いかがでしたか。

灯油ランタンの加圧式は難しいというイメージがありますが、ちゃんと使い方を調べてから使えば意外と簡単です。

事前準備の手間も、慣れてくるとすぐに楽しいと感じるようになります。

LEDランタンも手軽で良いですが、自然の中で行うキャンプにはやっぱり炎の方が雰囲気出ますね。

灯油ランタン本体は安い買い物ではありませんが、少しでも興味がある方はぜひ使ってみて下さい。

スポンサーリンク

-ランタン, 加圧式, 灯油

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5