ガソリン ランタン 使用後

使用後はどうするの?ガソリンランタンのことを詳しく知ってみよう

ガソリンランタンって操作が難しそう。使用後の扱いもよく分からない。誰か教えて!

秋も近づいてきて、夜が涼しく過ごしやすくなってきましたね。

涼しいキャンプの夜を快適に過ごすために欠かせないのが、ランタンですよね。

その中でもガソリンランタンはキャンパーに根強い人気のあるランタンです。

かくいう私もガソリンランタンに魅了されたキャンパーの1人。

暗いキャンプの夜を明るくしてくれるガソリンランタンですが、キャンプ初心者の方の中には、操作や使用後の取り扱いに不安を持っているという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ガソリンランタンの基本操作と使用後の取り扱いについて詳しくお伝えいたします。

 

ガソリンランタンと他のランタンの違い

そもそもガソリンランタンって他のランタンと何が違うの?

ランタンは燃料や光源によって大きく4つに分かれます。

  • ガソリンランタン=ホワイトガソリンが主な燃料
  • ガスランタン=ガス缶が燃料
  • 灯油(オイル)ランタン=灯油やパラフィンオイルが主な燃料
  • LEDランタン=LED電球が光源となるランタン

それぞれのランタンとの違いを1つずつ見ていきましょう。

ガスランタンとの違い

 

この投稿をInstagramで見る

 

mitsumi(@miiitttmiii)がシェアした投稿

ガスランタンはガソリンランタンと同様にマントルを使用します

ガソリンランタンより着火手順が少なく、キャンプ初心者が始めやすい可燃性ランタンとなっています。

ココがポイント

ガソリンランタンとの大きな違いは冬場の明るさ。

ガスは長時間使用や冬場の寒い場所ではドロップダウン現象が起き、点火できなくなってしまいます。

ドロップダウン現象は大まかにいうと、周囲の温度が下がる事によって燃焼が発生しにくくなるという現象を指します。

ガス缶は特にこのドロップダウン現象が起きやすいので、冬場のキャンプに向いていません

ガソリンランタンの燃料であるホワイトガソリンは燃料が燃え始める温度(引火点)が-50℃と低い為、冬場でも安定して照らしてくれます

灯油(オイル)ランタンとの違い

 

この投稿をInstagramで見る

 

M K(@echo.mk_camp)がシェアした投稿

灯油(オイル)ランタンは燃料の費用が安く、燃焼時間もガソリンランタン同様に10時間以上燃焼するコスパの良いランタンです。

ココがポイント

ガソリンランタンとの大きな違いは明るさ。

灯油(オイル)ランタンはコンパクトなサイズが多く、光量が少なめなので、キャンプサイト全体を照らす事はできません。

ガソリンランタンは光量が大きいので、夜のキャンプサイトをしっかり照らしてくれます

灯油(オイル)ランタンは雰囲気重視のランタンなので、テーブル周辺に置くと良いでしょう。

LEDランタンとの違い

LEDランタンはボタン一つで操作でき、種類によってはモバイルバッテリーとしても役立つ便利なアイテムとして、キャンプの主流となりつつあります。

また安全性の高さから、テント内のランタンとして非常におすすめのランタンとなっています。

ココがポイント

ガソリンランタンとの大きな違いは情緒のある灯り。

LEDランタンの光量は非常に明るいものも増えていますが、キャンプ場においてはやや無機質で物足りない明るさになります。

キャンプならではの情緒ある灯りを楽しめ、かつキャンプサイト全体を明るくしてくれるのはガソリンランタンです。

LEDランタンの便利な所は活用しつつ、ガソリンランタンを初めとした可燃性ランタンと併用していくことがおすすめですよ。

 

ガソリンランタンで使われている部品を知ろう

[出典引用:Amazon]

ガソリンランタンってどれくらいの部品でできているの?

上記の画像のように、ガソリンランタンには多くの部品が使用されています。

その中でも重要な部品を3つご紹介いたします。

マントル

ガソリンランタンの光源となる重要な部品。

ランタンの点火作業前に「空焼き」という下準備が必要になります。

空焼きって何?

空焼きとは、マントルに残っている不純物を取り除いて、発光部分のみ残す作業を指します。

作業は簡単でガソリンランタンに取り付けたら、一度燃やすだけで完了。

一度マントルを空焼きすることで、ガソリンランタンの明るさが安定します

マントルがなければガソリンランタンは光る事が出来ない為、予備もしっかり準備しましょう。

また、空焼き後のマントルはかなり破れやすくなっています

私は過去にうっかり指を触れてしまい、穴を空けてマントルを台無しにした事があります。

皆さんは空焼き後のマントルに触れないよう、注意してくださいね。

コールマン マントル

[出典引用:Amazon]

ジェネレーター

ガソリンランタンの中央を通る管で、燃料を液体から気体へと気化させてくれる大切な部品です。

ジェネレーター内部が汚れてしまうと、燃料が上手に気化されなくなり、ガソリンランタンがきれいに光らなくなってしまいます。

キャンプにはマントルと共に、ジェネレーターの予備も準備して行きましょう。

コールマン ジェネレーター

[出典引用:Amazon]

ポンプノブ

ガソリンランタンの点火作業に欠かせない「ポンピング」をする部品で、ポンプブランジャーとも呼ばれます。

ポンピングは燃料タンク内に空気を送り込み、タンク内を加圧する作業を指します。

自転車の空気入れをしている感覚に近いので、我が家では子どもに人気の作業。

ポンピングによってタンク内に空気が充満して燃料が運ばれる為、ポンプノブは非常に重要な部品ですね。

ポンプノブの先にはポンプカップという部品があり、この部品がきちんとはまっていないと空気が漏れてしまい、ポンピングすることができません。

ポンプカップはポンプノブと合わせて重要な部品と覚えておきましょう。

コールマン(Coleman) ポンププランジャー一式

[出典引用:Amazon]

ガソリンランタンの操作方法

ガソリンランタンの部品について知ったところで、ガソリンランタンの基本操作、着火手順についてお伝えいたします。

ガソリンランタンの着火手順は大きく分けて4つ。

①タンクに燃料を入れる

②ポンピングする

③マントルを取り付け、空焼きする

④点火し、ポンピングで調整する

上から1つずつ詳しく見ていきましょう。

①タンクに燃料を入れる

ランタン本体に燃料を注ぎます。

燃料のホワイトガソリンは気化しやすいため、タバコの火にも引火してしまう恐れがあります。

燃料を注ぐ際には、火気厳禁!と覚えておいてください。

②ポンピングする

ガソリンランタン特有の手順であるポンピングをおこないます。

ポンピングによって、燃料のホワイトガソリンが気化して燃焼できるようになるため、しっかりとポンピングすることが重要になります。

とはいえ、手順は意外と簡単。

  1. ランタン本体についているポンプノブを左に2回転させる。
  2. ノブの先端の穴を親指で押さえ、引っ張って押し込む。
  3. ポンプノブが押し込めなくなるまで。何度もおこなう。
  4. ポンプノブが押し込めなくなったら、親指を外して押し込み、右に回して閉じる。

これでポンピングは完了です。

押し込んでいくうちに、空気がたまってノブが固くなっていくのを感じて楽しいですよ。

③マントルを取り付け、空焼きする

ランタン本体にマントルを取り付け、上記でも説明した空焼きをしていきます。

ガソリンランタンがうまく光るには、この空焼きをしっかりすることが重要なポイントになります。

簡単にいうとマントルを一度燃やすだけなので、作業は難しくありません。

空焼きの際、マントルをしっかり広げること取り付ける際に余った紐はきちんと切り取ることに注意しましょう。

余った紐が燃えてしまい、マントルに穴が空いてしまうので、気を付けましょう。

④点火し、ポンピングで調整する

いよいよ点火します。ホヤの下からガスバーナーを差し込み、マントルに火を近づけます。

そして本体中央部にある燃料バルブを左に回すと、マントルに火が移ります。

マントルに火が付いたら、先ほどのポンピングを再度おこない、灯りを安定させます

火が強くてもポンピングで調整できるので、慌てず落ち着いて作業してくださいね。

これで、ガソリンランタンの点火手順は完了です。

文字だけでは伝わりづらいという方は、こちらの動画もチェックしてみてくださいね。

 

ガソリンランタンの使用後の取り扱い

ガソリンランタンを使用した後の取り扱い方について、お伝えいたします。

ポイントは大きく3つあります。

  • ガソリンランタンはしっかり冷ます
  • 空気圧を抜いておく
  • しばらく使わない場合は、燃料を抜いてから保管する

1つずつ順番に見ていきましょう。

ガソリンランタンはしっかり冷ます

ガソリンランタンを使用した後、保管や持ち運びをする前にしっかり冷ましておきましょう

ガソリンランタンの熱を残したまま、ランタンケース等に保管すると熱がこもってしまいます。

熱がこもってしまうと、燃料タンク内に結露が発生する可能性が出てくるため、ガソリンランタンの故障にも繋がりかねません

まずはガソリンランタンをしっかり冷ましましょう。

空気圧を抜いておく

しっかり冷めた事が確認出来たら、ガソリンランタンの燃料キャップを緩め、ガソリンランタン内の空気圧を抜きましょう

空気圧が残ったままだと、保管の際に室温などで気圧が上がる恐れがあり大変危険です。

空気圧を抜くのは非常に大切なので、忘れない様にしましょう。

しばらく使わない場合は、燃料を抜いてから保管する

次のキャンプの予定が決まっていない場合は、ガソリンランタン本体から燃料を抜き取っておきましょう

燃料のホワイトガソリンを本体に入れたまま長期間保管していると、タンクの内外で温度差が生じ、タンク内に水滴がたまってしまいます

その水滴により、ランタンのタンク内に錆が発生する可能性があります

内部が錆びてしまうと手入れが困難となり、その結果メーカーに修理依頼をすることになってしまいます。

私はこの情報を聞いてから、余ったガソリンは必ず抜き取るようにしています。

キャンプで使用する機会が少ない方は、きちんとガソリンを抜いてから保管しましょう

 

使用後はどうするの?ガソリンランタンのことを詳しく知ってみよう:まとめ

今回は、ガソリンランタンの基本操作と使用後の取り扱いについて詳しくお伝えいたしました。

今回の記事のポイント

ガソリンランタンは季節関係なく明るいランタン

ガソリンランタンにはマントルが必要不可欠

ポンピングは自転車の空気入れに似ている

使用後はしっかり冷ます事が重要

燃料は抜いてから保管しよう

ガソリンランタンは着火手順もあり、キャンプ初心者にとってはハードルが高く感じるかもしれません。

ですが、その分着火出来たときの充実感や達成感は大きいものとなります。

初めてガソリンランタンを一人で着火出来た時の喜びは忘れられません。

この記事を参考にガソリンランタンの使用後の取り扱い方法を学び、ガソリンランタンでキャンプをより明るく楽しく過ごしましょう。

スポンサーリンク

-ガソリン, ランタン, 使用後

© 2022 ランタン先生 Powered by AFFINGER5